立秋とは?いつ?時候の挨拶の注意点は?食べ物は?

1年を24等分した二十四節気」。

その中の1つである「立秋」とは
暦の上で秋の始まりとされています。

しかし、立秋は8月7日ごろで
まだまだ暑さが厳しいです。

また、夏の挨拶状である「暑中見舞い」は
立秋を境に「残暑見舞い」として出すのがマナーです。

ここでは挨拶文や行事食など、立秋にまつわる様々な話題を
お届けしていきたいと思います。

Sponsored Links

立秋とは?いつ?

カレンダーやニュースなどで、
「春分(しゅんぶん)」や「冬至(とうじ)」「立秋(りっしゅう)」
などの文字を目にする方も多いのではないでしょうか?

これらは1年を24等分し、その時期を表す名前を付けた
「二十四節気(にじゅうしせっき)」と呼ばれるものです。

二十四節気は「立春(りっしゅん)」をスタートとして
それぞれ番号がついています。

さて、立秋とは二十四節気の第13にあたるものであり
例年8月7日ごろとなります。

また、今年の立秋も8月7日となります。

初めて秋の気配が現れてくるころとされますが
まだまだ暑さは厳しいです。

夏場に「暑中見舞い」を出す方もよく見られますが
この日を境に「残暑見舞い」を出すことになります。

また、気象庁では「梅雨入り」や「梅雨明け」の宣言を行っていますが
立秋までに梅雨が明けなかった場合は、その年の梅雨明けの発表はされません。

そのため、東北地方などでは「梅雨明けなし」となる年が見られます。






立秋の候 まだ暑いのに手紙では「秋」

さて、続いては立秋に関する「時候の挨拶」についてご紹介します。

時候の挨拶とは、改まった手紙を書く際に用いる挨拶であり
時期によって言い回しが異なるので注意が必要です。

立秋の際には、以下のような挨拶がオススメです。

・立秋の候
・立秋とは名ばかりで
・まだまだ暑い日々が続いておりますが
・残暑厳しい折から


夏真っ盛りの8月に「秋」という言葉が入るので
違和感を覚える方も少なくないと思います。

しかし、9月になると他の挨拶を使うことになりますので
「立秋」という単語は8月しか使うことができません

もちろん、出す相手が親しい間柄の場合は
ここまで時候の挨拶を考えなくても良いと思います。

しかし、目上の方やビジネスで出す手紙の場合
しっかりと時期と挨拶を合わせるようにしましょう。



nadeshiko1
カワラナデシコ 秋の七草 花期6月~9月



立秋にまつわる食べ物とは?

それでは、最後に「立秋の食べ物」についてご紹介します。

冬至にはかぼちゃ、春分にはぼた餅など
二十四節気にまつわる食べ物や習慣は多数あります。

立秋についてもいろいろと調べてはみましたが
全国的に習慣になっている行事食はないようです。

最近ではコンビニチェーンの「セブンイレブン」が
「夏の恵方巻」を売り出しています。


risyuehoumaki


恵方巻といえば2月の「節分」に食べるのが習慣となっていますが
節分とはもともと、「季節の分かれ目」を表す言葉です。

私たちがいつも節分と呼んでいるのは「立春の前日」ですが
夏の恵方巻は「立秋の前日」に食べます。

こちらの恵方巻も、次第に全国標準になっていくかもしれません。

立秋には決まった食べ物はありません。

しかし、夏ばてを予防するような食材を摂るのが
体調管理にはオススメなのではないでしょうか。


rissyu1


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ