十五夜はいつ?旧暦8月15日中秋の名月の日にちと満月

日本では古くから、月を眺めて楽しむ「月見」が行われてきました。

中でも、旧暦8月15日の「中秋の名月」の美しさは格別であり
現在においても多くの家庭で月見が行われます。

ここでは「中秋の名月って満月?」や、「今年はいつ?」

などといった疑問に答えながら
中秋の名月について詳しくご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

中秋の名月とは?旧暦8月15日(十五夜)の由来とお月見

地球の回りを公転する衛星であり
白く光って見える「」。

秋になると空が高く感じられるほど大気が澄んできます。

特に旧暦の8月(新暦の9月)は特に空気が澄みわたり
1年の中で月が1番きれいに見える月とされてきました。

そのことを知っていた古の人々は、月を眺めて楽しんでいました。

そして、月(主に満月)を眺めて楽しむことを「月見
または「観月(かんげつ)」と呼びます。

日本においては、主に旧暦8月15日の「八月十五夜」
旧暦9月13日の「九月十三夜」に行われることが多いです。

以前はどちらか一方の月しか観賞しないことを「片見月」と呼び
縁起が悪いこととされていました。

しかし、現代においては八月十五夜にのみ、月見を行うことも多いです。

さて、八月十五夜の月は「中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)」
とも呼ばれます。

「中秋」とは、秋(旧暦7月、8月、9月)の「真ん中の日」を指す言葉であり
旧暦8月15日を表しています。

また、「仲秋の名月」という表現がされる場合もありますが
「仲秋」とは秋の「真ん中の月」を指すため
「旧暦8月全体」という意味
となります。

ちなみに、旧暦7月は「初秋」旧暦9月は「晩秋」と呼びます。



otsukimi2



中秋の名月は旧暦8月の十五夜なのに「満月」じゃない?

ここからは、中秋の名月について詳しく見ていきましょう。

まずは、「中秋の名月は満月?」という問題です。

答えを先に言ってしまうと
中秋の名月は必ずしも満月という訳ではなく
最大で2日のずれがあるとされています。

それでは、どうしてこのようなことが起きるのかについて
ご紹介しましょう。

それにはまず、「旧暦」について補足させていただく必要があります。

現在の暦は太陽の動きに合わせて定められているのに対し
旧暦は月の満ち欠けによって定められています。

明治5年12月2日までは旧暦が使われていましたが
その翌日の12月3日をもって明治6年1月1日に改められました。

さて、旧暦では新月の日を1日と定め
次の新月を迎えるまでを1ヶ月
としています。

月の満ち欠けと日付は対応しているため
普通は15日が満月となります。

しかし、この場合1ヶ月は29日または30日となるため
約354日で1年が終わってしまうことになります。

そうすると、だんだんと実際の季節とずれてしまいますので
3年に1回くらいの割合で「閏月(うるうづき)」を挿入し
調整を行っていました。

この閏月の存在などが原因となり
中秋の名月が満月ではない年が多々あります。

2013年の中秋の名月は天候にも恵まれて
満月の良いお月さまが見られました。
この動画をご覧ください。





十五夜はいつ?旧暦8月15日は新暦では「いつ」がお月見の日?

それでは最後に、「今年の中秋の名月はいつ?」
という疑問にお答えしたいと思います。

近年の中秋の名月の日にちをまとめていきたいと思います。

・平成20年:9月14日
・平成21年:10月3日
・平成22年:9月22日
・平成23年:9月12日
・平成24年:9月30日
・平成25年:9月19日
・平成26年:9月8日 ※今年
・平成27年:9月27日
・平成28年:9月15日
・平成29年:10月4日

このように、基本的には中秋の名月は9月となります。
ただし、閏月が挿入される場合は10月にずれ込むこともあります。

今年は9月8日ですので、中秋の名月は月見団子やお神酒
ススキなどを供えながら、月見を楽しんでみてはいかがでしょうか?




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ