空気清浄機 用途に合わせた選び方は?

インフルエンザや花粉、PM2.5対策として
空気清浄機を買い求める方が増えています。

乳幼児や受験生がいるご家庭は
特に関心が高いのではないでしょうか。

最近では加湿器の機能が備わったものなど
ニーズに応じて多彩な製品が発売されています。

ここでは、空気清浄機の歴史と共に
現在の主流である『ファン式』の仕組み
空気清浄機の用途別の分類などについてご紹介していきます。

Sponsored Links

空気清浄機は公害の歴史と共に誕生した

空気清浄機とは
空気中に浮遊する細かい粒子(粉塵や花粉、ハウスダストなど)や
臭気(ペットや、調理中に発生する臭いなど)を
取り除くことを目的とした家電製品のことです。

空気清浄機の誕生は
19世紀はじめのイギリスであったと言われています。

産業革命の中、
石炭を燃やすことによってできるばい煙の除去を目的
として作られたそうです。

それまで、空気を清浄することは
換気によって行っていました。

しかし、大気汚染の問題が起こり始めたことにより
外の空気が必ずしもきれいであるとは言えず、
積極的に空中の汚染物質を取り除く必要に迫られました。

一方で、日本ではフィルターを備えた初の空気清浄機が
1962年ごろに出始めたと言われています。

これは戦後の高度経済成長期の最中であり、
四日市ぜんそくなどの大気汚染による公害が
社会問題となったのと時期を同じくしています。

現在においても、大気汚染物質の除去のために
空気清浄機が用いられています。

1980年ごろからは花粉症対策として使われることが多くなり、
1990年ごろから多くの人が使用するようになりました。

以前は空気清浄機の呼び名が統一されておらず
誇大広告と思えるような宣伝も多く見られました。

2000年代に入るとタバコの煙や花粉だけではなく
カビや雑菌の除菌
を目的とした需要が増えました。

抗菌』という言葉に象徴される衛生ブームに
空気清浄機も乗ることに成功しました。


イオン式はほとんど姿を消し、今の主流はファン式

空気清浄機の仕組みは家電の業界においては
かつて『ファン式』と『イオン式』というように分類されてきました。

しかし現在では、その性能の低さゆえに
大手家電企業はイオン式から撤退しています。

現在残っているイオン式の空気清浄機は、
通信販売などの限られた販売方法によって売られていて、
家電店で見かけることはほとんどありません。

一方で、現在の主流となっているのがファン式と呼ばれるものです。
これは、扇風機やエアコンと同じように
ファンによって強制的に空気を吸い込んでフィルターでろ過し
きれいになった空気を吹き出す方式
です。

使われるファンは空気の押し出しに向く『プロペラファン(扇風機などのファン)』ではなく
吸い込みに適した『シロッコファン(天井据付式の換気扇などに使われているファン)』です。

そして、多くのファン式空気清浄機は『HEPA(ヘパ)』と呼ばれる
目の細かい不織布フィルターで微粒子を集塵・ろ過
臭いについては活性炭で吸着する方法を取っています。

ただし、デメリットとしてイオン式と比較して本体サイズや消費電力
運転音が大きい
ことが挙げられています。


用途に合わせて選びたい!空気をきれいにするための家電

最後に、空気清浄機の用途による選び方についてお伝えします。

『花粉を除去したい』、『PM2.5対策をしたい』、『加湿したい』など、
さまざまなニーズに応えた製品が多く発売されています。

【空気清浄機】
空気清浄をメインに使う場合は、
スタンダードなこちらのタイプを選びましょう。

3千円程度で買える製品もあれば、
10万円を超す製品もあります。


【加湿空気清浄機】
空気清浄機にプラスする形で、
気化式の加湿器が搭載されています。

風邪やインフルエンザの予防に効果的で、
加湿器と空気清浄機をそれぞれ単独運転で使うことも可能です。

安いものは1万5千円程度で
高いものだと10万円以上します。

aircleaner


【脱臭機】
脱臭に特化した空気清浄機であり、
生活臭や油・タバコ・焼肉などの臭いを
徹底的に脱臭することが可能です。

また、普通の空気清浄機の機能ももちろん備わっています。
他の製品と比べてラインナップが少なく、
1万5千円ほどの価格のものが多いです。

【イオン発生器】
空気清浄機は室内の空気を吸い込んでフィルターで洗浄しますが、
こちらはイオンを室内に放出することで
空気中の浮遊ウイルスやカビ菌類を抑制・除去することができます。

また、除菌だけではなく脱臭効果もあります。
1万円以下から10万円オーバーまで、
さまざまな製品が出ています。


このように、単に『空気清浄機』と言っても
たくさんの種類があります。

家電店に行く際は、
生活のスタイルや用途などをしっかりと販売員に伝え
自分にぴったりの製品を見つけましょう。

インフルエンザや花粉が気になる季節には特に
空気清浄機をうまく活用して、
健康的な日々をお過ごしくださいね!


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ