厄年もこれで安心!厄祓いの方法とは?

お正月に初詣に行くと、本殿の近くなどに厄年関連の看板や張り紙があることが多いです。それを見て、『今年は厄年だな…』と気づいた方もいることでしょう。

ここでは、厄年の数え方や年齢、厄年の過ごし方や厄祓いの方法についてご紹介していきたいと思います。

厄祓いといえば神社での祈祷を思い浮かべる方が多いと思いますが、他にもさまざまな方法がありますので、少しですがそちらについても触れていきます。

Sponsored Links

根拠は不明だが、多くの人が信じている『厄年』

『厄年(やくどし)』とは、日本などで災厄が多く降りかかるとされる年齢を指します。起源や科学的根拠などは曖昧ではありますが、平安時代にはすでに存在していて現在でも根強く信じられている風習です。

厄年のような考え方は日本独自のものではなく、イギリスやスペインなどのキリスト教国や、エジプトやトルコなどのイスラム教国にも同様の風習があるとされています。

厄年は男性と女性で異なっていて、数え年で以下の年齢になります。ちなみに、数え年とは、生まれた年を『1歳』とし、元日を迎える際に1歳年を取るという考え方です。

そのため、誕生日で年を取る『満年齢』で数えた場合とは数え方が異なります。つまり、元日から誕生日の前日までは『満年齢+2』、誕生日以降は『満年齢+1』で計算します。

【男性】
25歳・42歳・61歳

【女性】
19歳・33歳・37歳

この中でも男性の42歳と女性の33歳は『大厄』と呼ばれていて、凶事や災難に遭う確率が非常に高いとして、十分に警戒するべきであるとされています。

また、これらの年齢を『本厄』と呼び、その前後1年間も注意しなければならないとされています。本厄の前の年は厄の前兆が現れるとされる『前厄』、後の年は厄のおそれが薄らいでいくとされる『後厄』と呼ばれています。

また、地域や宗派などによっては61歳の還暦を男女共通で厄年とする場合もあります。

先ほども触れましたが、厄年は科学的根拠や起源が不確かなことから、『迷信』だという人もいます。しかし、それを踏まえた上で厄年の説明なども行われています。

19歳や25歳は青春期にあたり、33歳や42歳は仕事や子育てなどで多忙になる時期です。そのため、厄年とされる年齢は人生において『曲がり角』の年頃であることから、たとえ根拠に乏しいとしても注意が必要であるとの説明がされています。


yakudoshi


厄祓いとして一般的なのが、神社や寺での祈祷

続いては、厄年を迎える方に向けて『厄年の過ごし方』をご紹介していきたいと思います。中でも多くの方が行うのが『厄祓い(払い)』です。

これは、『厄除け』や『厄落とし』などとも呼ばれています。一般的には神社や寺などで厄祓いの祈祷をしてもらいます。

最近ではホームページなどを開設している神社や寺も多く、メールで問い合わせたり電話で確認したりしてから出かけるようにしましょう。

厄祓いをする時期は、正月に厄年の年齢になればいつでも大丈夫です。

しかし、節分の日などは多くの人が厄祓いに訪れるので、混雑を避けて別の日にする方が良いでしょう。

厄祓いをする際は、拝殿の近くにある社務所や納札所などが受付になっていることが多いので、そこへ行って申し込みをします。そして、厄祓いをしてもらう人の名前や住所などを書いた後に、『祈祷料(3千円~5千円程度)』を払えば受付が完了します。

そして、名前を呼ばれた後に、指定の場所にて祈祷祈願をしてもらいます。この際、神主さんが『祝詞(のりと)』を読み上げるという『奏上(そうじょう)』を行います。

また、厄年の本人が『榊(さかき)』をお供えする儀式がある場合もあります。そして祈祷が終わればお札やお守りを貰います。

そして、ここで貰ったものは神棚などで1年間お祀りします。


yaku


祈祷のほかには、こんな厄祓いがある

厄年には新しいことへチャレンジすることを避け、落ち着いて過ごすべきだとされています。すなわち、事業の立ち上げや家の新築、結婚や引越しなどは避けたほうが良いでしょう。

神社などで祈祷を受ける他には、厄祓いとして『贈り物』や『身代わり』などを行う場合があります。贈り物という方法は日常厄だけでなく厄年の対応としても行われています。

厄年の人に身に着けるものを贈ることで、厄除けのご利益があるとされています。贈り物には肌身離さず持てるものや、長いもの、うろこ模様のもの、七色のものが良いとされています。

そのため、男性にはネクタイやベルト、女性には帯やマフラー、スカーフ、アクセサリーなどが贈り物としてよく用いられています。

また、男女問わずうろこ模様の財布も贈り物として用いられます。

また、災厄を神仏などに身代わりとなって背負ってもらうという風習もあります。

お参りに際に身に着けている小物をわざと落とし、それによって厄を一緒に落とすという風習の地域や、節分で餅や豆と一緒に厄を撒くことで他の人に拾ってもらい、厄を分担してもらうという風習の地域があります。

私の母方の伯父が厄年を迎えた際は兄弟姉妹全員が集まり、それぞれに贈り物をして厄を分担してもらうという形を取っていました。

厄年は多くの人に信じられていますが、『必ず厄が訪れる』という訳ではありません。

厄祓いなどをしっかりしながら、心配しすぎずに1年を過ごしましょう。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ