「入学祝い」のマナーは?お祝いの相場は?

春は卒業や入学のシーズンです。
デパートなどでも入学式用の服や文房具、ランドセルや学習机などを目にする機会が多くなってきました。

親戚などに入学を控える子供がいる場合、気になるのは『入学祝い』のことですよね。

ここでは小学校~大学まで、それぞれの年代に適した入学祝いの品物や、お祝い金の相場などについてご紹介していきたいと思います。


nyuugaku


身内やごく親しい人のみで行われる『入学祝い』

『入学祝い』は、学校などに入学したことを身内や親戚でお祝いすることです。

小学校や中学校など、それぞれ入学式は子供の成長の大きな節目であり、特に生まれてからずっと成長を見てきている身内にとっては、この上ない喜びです。
そして、この喜びを『贈り物』という形で伝えるのが入学祝いなのです。

入学祝いは基本的に家族や親戚、特に親しい人の間で行われることがほとんどです。職場の同僚や知り合いなど全員に渡していたら大変なので、義理でのやりとりはあまり行われません。

入学祝いは、入学する前までに贈るのがマナーとされています。
また、品選びに自信がない場合は、現金や商品券なども喜ばれます。入学祝いを贈る場合は、紅白の水引を蝶結びにします。そして、表書きは『御入学御祝』や『祝御入学』などとします。

さて、入学祝いの相場はどのくらいなのでしょうか?親戚間で決まりごとがある場合はそれに従い、特にない場合は一般的な相場に合わせておくほうが無難です。

まず、『渡す相手との関係性』に基づいた相場についてご紹介します。
親戚などは1万円程度、友人などは親しさの度合いにもよりますが3千円程度が多いようです。

また、『子供の年齢』に基づいた相場もあります。小学生なら3~5千円程度、中学生は5千円程度、高校生は5千~1万円程度、大学生は1万円~数万円程度となります。親戚間で取り決めがない場合は、これを目安にしてみましょう。


どの年代でも『学校で使うもの』が喜ばれる

続いては、年代別に入学祝いに適した品物は何かについてお伝えしようと思います。

【小学生】
祖父母などからなら、ランドセルや学習机などが良いでしょう。ただし、重複しないように相談してから贈るようにします。そのほかには鉛筆・消しゴムなどの筆記用具、地球儀や図鑑なども良いでしょう。また、筆記用具を贈る際は子供が好きな絵柄のもの(サッカーやキャラクターなど)にすると喜ばれます。

【中学生】
自転車通学の場合は、校則に違反しない色や形の自転車を贈ると喜ばれます。また、『時間を守ることが大切』とのメッセージを込めて、腕時計も良いでしょう。そして、グローブやラケットなどの部活動に必要な道具も喜ばれます。

【高校生】
勉強が大変になってくるので、電子辞書などが良いでしょう。また、中学校と同様に部活動の道具なども喜ばれます。勉強や部活、アルバイトと多忙になるので、スケジュールを管理する手帳などもオススメです。

【大学生】
万年筆や1人暮らしに必要なものを贈ると良いでしょう。好みがはっきりしているので、本人に希望を聞くのもオススメです。

品物の場合は重複に注意するようにしましょう。また、現金でなく商品券を贈る場合は、本人が利用する店で使えるかどうかを確認することが大切です。


基本的には入学祝いのお返しは不要

さて、入学祝いをいただいた場合はどうすれば良いのでしょうか?子供の入学はもともと家族間のお祝いですので、基本的にお返しは不要です。

しかし、一般的なマナーとして、入学祝いをいただいたら贈られた本人と親が礼状を出すのが常識です。小学生などは難しいかもしれませんが、宛名は親が書きメッセージを本人が添えるなど、年齢にあった方法で礼状を出すようにします。

贈った側に子供がいる場合は、その子供が入学や卒業をしたときに同様にお祝いをするのが、事実上の『お返し』となります。そのため、先方に子供がいない場合は、お返しをした方が無難だと言えます。

お返し品の金額は、贈られたお祝いの3分の1~半額くらいを目安にして選びます。そして、品物には紅白蝶結びの熨斗紙をつけ、上段には『内祝』、下段には子供の名前を書くようにします。

私の母方の親戚は、我が家以外は3人の子供がいます。私たちは2人兄弟だったため、3人目の入学祝いに関しては内祝が贈られてきたことを覚えています。

このように、親戚によっていろいろな決め事があるケースも多いので、事前にいろいろと相談しておくようにしましょう。

Sponsored Links

スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ