小学校の入学式 子供服のオススメは?

春が近づくにつれて、小学校入学を迎えるお子さんがいる家庭では入学準備が忙しくなってくると思います。ランドセルや学習机、文房具やシューズ袋など、入学に向けて用意するものはたくさんあるでしょう。

中でも、忘れてはいけないのが『入学式の服』です。

子どもにとって一生に一度の小学校入学式。
クラスメイトや保護者と一緒に記念撮影をするので、その姿はずっと記録に残ります。

ここでは入学式の装いについてまとめていきたいと思います。


ランドセルや入学式の服購入など、春に向けて忙しくなる入学準備

年長児がいる家庭では、翌年の小学校入学に向けてさまざまな準備が必要になってきます。ランドセルや学習机を購入したり、読み書きや座って静かにする練習をしたりと大変です。

私立や国立ではない場合、ほとんどの学校は私服で登校します。
そのため、入学式に着ていく服装選びに悩む保護者も少なくありません。

ここではまず、選ぶポイントについてご紹介しましょう。

まず、多くの保護者が気にするのは『浮かないこと』だと思います。周りのとのバランスを考えた装いをすることが重要だと言えるでしょう。

男の子の場合はブレザーに短いパンツを合わせる子が大半で、入学式の定番とも言えるでしょう。デパートや大型スーパーの子供服売り場には『入学式コーナー』が登場するので、そこで購入するのが無難であると言えます。

また、周りと調和しつつも少し個性を出したいという場合は、セットのスーツをそのまま着るのではなく、ワイシャツやネクタイを違うものにして変化をつけると良いでしょう。

一方で、女の子の場合は悩みどころです。男の子と比べると、『定番の装い』というものがないので、多くの保護者は頭を抱えます。

もちろん、一番多いのは男の子と同様にブレザースーツですが、かなり華やかなドレス姿の子を見かけることもあります。校風や地域によってかなり違うので、上の子がいるママ友や近所に住む方に聞いてみるのが良いでしょう。

私が小学生の時は入学式ではほぼ全員がスーツだったものの、卒業式に一番の友人がウエディングドレスを彷彿とさせる装いをしてきたので驚いたことを今でも覚えています。


最近では『普段使い』できるスーツも登場

一生に一度の入学式とは言うものの、その時の服は入学式以外で着ることはほとんどありません。

知人の結婚式などで着せようと思っていても、直近にある場合以外は子どもが大きくなるのでサイズが合わなくなります。

そのため、入学式のスーツなどを買う際には、以下のことに注意して選んでみましょう。

・安さ重視で購入する
予算内に収めるなら、有名ブランドなどにこだわらず、安いものを選びましょう。
ただし、年が近い同性の兄弟姉妹がいる場合は、少し良いものを買って下の子に着せても良いでしょう。

・着回しができるものを選ぶ
普段のちょっとしたお出かけなどで使えるようなものを選ぶと良いでしょう。
色や柄に注意して選ぶことで、入学式以外のシーンでも幅広く使うことが可能です。

・スーツ以外もしっかり準備
スーツを用意したのは良いものの、靴や靴下が普段のままだったら台無しになってしまいます。靴下は黒か白が定番で、靴はフォーマルなものを用意すればベストではありますが、普段使えるような黒系のシンプルなスニーカーにしても良いでしょう。


1回しか着ないので、新品を購入する以外の方法も考えよう

最後に、入学式の服を『新品の購入』以外で用意する方法についてお伝えしたいと思います。ランドセルや学習机とは異なり、1回しか着ないものに対してたくさん予算を割くのは嫌だという方もいるでしょう。

そのような方のために、少しでも費用を抑える方法についてご紹介します。

・親戚や近所に声をかけ、お古をもらったり貸してもらったりする
サイズが多少合わなくても、入学式はほんの数時間なので何とかなります。お古をもらったり借りたりした場合は、相手にお礼を渡したとしても新品を買うよりは経済的です。

ただし、かなり年が離れた子どもが使ったお古だと、状態が悪かったりデザインが流行遅れだったりするリスクもあります。

お古がもらえない場合は、レンタルサービスを利用する手もあります。

・オークションを利用する
試着をさせることができないので、ある意味『賭け』ですが入学シーズンになると多くの服が出品されています。

新品では手の届かないようなブランド物が手ごろな値段で売られていることもあるので、マメにチェックしましょう。

また、スーパーなどでスーツを新品で買った場合も、翌年の入学シーズンに出品して売れば、かかった費用を多少なりとも回収可能です。

このように、入学式の装いは新品で購入する以外の方法もあります。

小学校入学前には多くのものを買い揃える必要があるので、いろいろ工夫して予算を抑えましょう!


Sponsored Links


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ