七五三のお祝いと3歳と7歳の女の子の髪飾り

11月になると、七五三の可愛い衣装を着た子どもたちが
写真館や神社などで見られますよね。

そもそも、七五三とはどういったお祝いで
どのような装束ですればよいのでしょうか。

またその時の小物、ここでは特に三歳と七歳の
女児が着物を装う場合の髪飾りにも焦点を当ててみます。

Sponsored Links

七五三のお祝いの由来とお祝いの仕方

七五三のお祝いの由来は何でしょう?

神社庁によると、11月15日は
子供成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事の日です。

現在では全国的に行われるようになりましたが
元々は関東圏における地方風俗の一つでした。

現在は「七五三」という名称から
七歳・五歳・三歳の時にする同じ行事のように捕らえられていますが
本来は、それぞれの年齢で行う別々の異なった行事です。

本来の行事では、三歳の子供のときにおこなうものだけを指して
「七五三」と呼びました。

そのように解釈が変化したため
現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なりますが
発祥とされる関東地方では、次のように考えられています。

  数え年三歳(満年齢二歳になる年)を「髪置きの儀」とし
       男女ともに行います。
       江戸時代は、三歳までは髪を剃る習慣があったため
       それを終了する儀式です。

  数え年五歳(満年齢四歳になる年)を「袴儀」とし
       男の子だけが行います。
       男子が袴を着用し始める儀式です。

  数え年七歳(満年齢六歳になる年)を「帯解きの儀」とし
       女の子だけが行います。
       女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀式です。 
 
これらの儀式は、京都、大阪でも行われるようになり
それから全国に広まったとされます。

江戸時代に始まった神事であるため、旧暦の数え年で行うのが正式ですが
感謝をささげ祝うことが重要であるとの考え方から
現代では、数え年でなく満年齢で行う場合も多いです。


一般的に七五三のお祝いはどうやってするの?

家から近い神社に家族で行ってお参りをするというのが
もっとも一般的なスタイルです。

もしくは、氏子になっている神社がある場合は
その神社でします。

その際、家族でそろって着物を着たり、晴れ着を着たりするので
記念にと写真館で写真を取る人も多いです。

それから、子供の健やかな成長を祝って
親族が集まって食事をしたりします。


753oiwaiisyou


どんなお衣装が良いでしょうか?

三歳は髪を伸ばす「髪置(かみおき)」

五歳は初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」

七歳は、それまでの紐付きの着物に代わって
  本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする
  「帯解(おびとき)・紐落(ひもおとし)」の名残りですので
  着物でする場合がほとんどです。

好みによって、洋服ですることもありますが
ハレの日ですので晴れ着と呼べる正装に準じた衣装が良いでしょう。

洋服でする場合も、スーツやドレスなど
非日常的なものが良いでしょう。


七五三のお祝い 三歳と七歳の女児の髪飾り

七五三のお祝いに、三歳の女子が着物を着る場合の髪飾り

個人差はありますが、髪の量が少ない年齢ですので
すべり落ちないものでしっかり留まる物が良いでしょう。

また、お参りや撮影の間に、子どもが取ってしまいたくなるような
ごわごわちくちくした素材のものは避けた方が良いでしょう。

着物に負けないような華やかでかわいらしい髪を演出するため
大ぶりなものが好まれます。

以下に紹介しますサイトは、三歳の子どもの毛髪量に合わせた
パッチン止めを多く扱っています。
是非、参考にして下さい。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/oharibako/753_3.html
京都西陣おはりばこ


753kamikazari1
こんなかわいい髪飾り見つけました!minne(750円)


七五三のお祝いに、七歳の女子が着物を着る場合の髪飾り

三歳の時とは異なり、切る物や髪型や髪飾りなどに対して
好みや主張が出てくる年齢です。

かと言って、子どもの好みを優先していると
残念な仕上がりになってしまう恐れもあります。

子どもの好みと親のこだわりが
納得のいくかたちで紹介しているサイトをご紹介します。

色々なデザイン、でも突飛にはならない
品をたたえたものが多くそろえています。

http://www.soubien.jp/category/637.html
きもの館 創美苑

最近では、つまみ細工の髪飾りを親が手作りするのも流行っています。
つまみ細工は針と糸を使わないので、どなたでも気軽に始めることができます。

素敵な髪飾りを買うのも良いですが、お子様の成長を祝う日に
世界で一つだけの髪飾りで華を添えるのも素敵ですね。


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ