高知よさこい祭り2014 日程と桟敷席チケットの予約は?

高知市内各地の競演場・演舞場で
毎年8月9日から12日に「よさこい祭り」が行われます。

これは昭和29年に始まった催しであり
今年は61回目の開催となります。

ここでは、よさこい祭りの日程
よさこいに欠かせない6つのポイント

そして祭りをゆったりと楽しむための有料席の情報などを
まとめていきたいと思います。

Sponsored Links

多くの踊り子が乱舞する高知の夏の風物詩

よさこい祭り」は、毎年8月9日から12日の4日間
高知市内の競演場・演舞場で行われます。

約190団体、約18000人の踊り子たちが工夫を凝らし
市内を乱舞します。

この祭りが始まったのは昭和29年のことでした。

不況を吹き飛ばし、市民の健康と繁栄を祈願し
商店街の振興を促すため高知商工会議所が中心となって始まりました。

第1回の参加人数は750人、参加団体は21団体でしたが
年々参加人数が増えていき
第30回にはついに踊り子人数が10000人を突破しました。

それではまず、平成26年の開催情報について
ご紹介していきたいと思います。

第61回よさこい祭り
□・日程
 8月9日(土):前夜祭
     17時~:祈願祭
     18時30分~22時:前夜祭
     19時30分~21時:花火大会

 10日(日):本番
 11日(月):本番
     11時~:演舞や競演(市内各地にて開催)

 12日(火):後夜祭
     12時45分~:全国大会
     18時30分~22時:受賞チーム表彰、後夜祭

□・会場
 高知市内16ヶ所の競演場・演舞場

 ※当日は交通規制があるため
  会場間の移動には公共交通機関を利用しましょう。





踊りを見る際には6つのポイントをチェック!

続いては、よさこい祭りに欠かせない「6つの要素」について
ご紹介していきたいと思います。

衣装
 チームカラーを視覚的に表すためのものです。
 個性を出すだけでなく、快適性や踊りやすさへの配慮もなされています。

踊り
 「鳴子を鳴らし前進する踊りであること」が唯一のルールです。
 大勢の踊り子が一糸乱れず踊る姿は、見るものを圧倒させます。

音楽
 曲のどこかに「よさこい鳴子踊り」のフレーズを盛り込むのがルールです。
 それ以外は自由ですので、まるでミュージカルのように物語が展開します。

地方車(じかたしゃ)
 音楽の発信源として使われる車であり
 チームカラーをデコレーションしています。

鳴子
 よさこいには欠かせないアイテムで
 鳴子の打ち方も審査基準の1つとされています。

メダル
 会場ごとに個人賞を決定し
 審査員が選んだ踊り子にメダルが授与されます。

このように、よさこい祭りには6つのポイントがあります。

各チームがそれぞれ個性を出していますので
祭りに行く際はぜひチェックしてみてくださいね!


yosakoimatsuri


ゆったり見たい方は桟敷席がオススメ

さて、よさこい祭りでは
ゆっくりと観賞するために桟敷席が設けられています。

ここからは、桟敷席の種類や料金
申し込み方法についてご紹介したいと思います。

 【10日・11日:よさこい祭り本番
  ○・昼の部:13時15分~17時15分
  ○・夜の部:17時45分~21時30分

 【12日:よさこい全国大会
  ○・昼の部:13時30分~17時30分
  ○・夜の部:18時~21時30分

 【料金
  ○・指定席:1800円
  ○・自由席:1300円

 yuryoseki
  ※販売場所によっては手数料がかかる場合があります。

 【一般発売開始日時
  平成26年6月30日(月)10時~

 【販売場所
  ○・チケットぴあ(店舗・電話・インターネット)
  ○・コンビニ店内端末
   (サークルKサンクス・ローソン・セブン-イレブン・ファミリーマート)

  ○・ローソン電話予約
  ○・高新プレイガイド窓口

 【注意事項
  ○・購入枚数は1操作につき最大10枚までです。
  ○・指定席のエリアは選択可能ですが
    席の位置は機械が自動で選択します。

  ○・桟敷席には屋根がないため
    熱中症対策・雨対策を各自で行う必要があります。

  ○・席内では喫煙や三脚での撮影など
    ほかの観客の迷惑になることは禁止です。

  ○・前売り券が残った場合に限り、当日券を販売します。

よさこい祭りをじっくりと観賞したい方は
ぜひ桟敷席のチケットを予約してみてくださいね!




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ