広島フラワーフェスティバル 2014年のテーマは?

「フラワーフェスティバル」とはその名の通り
花を中心とした祭りを指す言葉です。

全国各地でさまざまなイベントが行われていますが
中でもゴールデンウィークに行われる「ひろしまフラワーフェスティバル」は
毎年の動員数が100万人を超える最大級のイベントです。

ここでは、この催しの歴史や内容について
まとめていきたいと思います。

『博多どんたく』や『弘前さくらまつり』と並んで
ゴールデンウィークの目玉イベントですので
お出かけの候補地にしてみてはいかがでしょうか?


ゴールデンウィークに開催される、花と平和の祭り

『ひろしまフラワーフェスティバル』は
広島県広島市平和大通りおよび広島平和記念公園周辺をメイン会場
毎年5月3日から5日まで開催される祭りです。

ゴールデンウィーク中の祭りの中で
も屈指の動員数を誇るイベントであり
同時期に開催される『博多どんたく』や『弘前さくらまつり』と並んで
多くの観光客を集めます。

1975年に平和大通りにて
広島東洋カープのセ・リーグ優勝パレードが行われました。

当時としては驚異的とも言える30万人を動員しました。

この盛況に後押しされる形で、すでに平和大通り一帯を会場にした
新しい祭りの構想を練っていた中国新聞社が中心となり
商工会や市と調整しながら1977年に初開催されました。

第1回は3日間で125万人を集め
大成功を収めました。

開催当初より祭りに華を添える『ミスフラワー』を3人選んでいますが
1991年以降よりミスコンへの批判の高まりから
『フラワークイーン』に改称されました。

開催当初からフラワーフェスティバルには
3つのテーマがあります。


ひろしまフラワーフェスティバル 3つのテーマ

  ◆広島を、花と緑と音楽のあふれる都市にしよう

  ◆平和に生きることのすばらしさと尊さを、参加者みんなで分かち合おう

  ◆広島から世界へ、豊かな生活文化と温かい人間関係の交流を呼びかけよう



このほかに毎年市民から公募した
年ごとのテーマを掲げています。

2014年は広島市の中学2年生が考案した
キラキラと はずむリズム 笑顔の花』です。


パレードやよさこいが中心で、ステージイベントもある

フラワーフェスティバルでは
『総合パレード』と
『きんさいYOSAKOI』が中心となっています。

総合パレードは3日に行われ
衣装や演出に花をあしらった
約80団体8000人もの人々が
約1.2kmの平和大通り沿いをパレードします。


hiroshima


そして、2002年からは5日にきんさいYOSAKOI
が行われるようになりました。

平和大通りとステージにて
延べ約100チームが祭りの最終日を盛り上げます。

演舞の際には鳴子を使用するのがルールであり
使用しない場合は減点対象になります。

使用する楽曲はアレンジされた祭りのテーマソング
『花ぐるま』、『広島音頭』、『広島天国』のほか
オリジナル曲の使用も許可されています。

このほかにステージイベントもあり
ダンスや音楽の披露が行われます。

2014ひろしまフラワーフェスティバル スペシャルゲスト決定
  5月3日(祝)午後3時30分 カーネーションステージ(平和記念公園内メーンステージ)
  一青 窈(ひとと よう)

  5月4日(祝)午後1時30分 カーネーションステージ
  二階堂 和美(にかいどう かずみ)


駐車場はないので、新幹線や飛行機で訪れるのが◎

アクセス方法をまとめます。

2014年は第38回目の祭りとなり
5月3日~5日に行われます。

会場は平和記念公園や平和大通りがメインですが
このほかにも市内各地でイベントが行われます。

入場料などはありません。

メイン会場へのアクセス方法

【東京から】
・東京国際空港(羽田空港)から飛行機で広島空港、バスで広島駅まで移動

・東京駅から新幹線で広島駅まで移動

【大阪から】
・新大阪駅から新幹線で広島駅まで移動

【名古屋から】
・名古屋駅から新幹線で広島駅まで移動

【福岡から】
・博多駅から新幹線で広島駅まで移動

【広島駅から会場まで】
・広島電鉄電車『袋町』下車

各都市からひろしまフラワーフェスティバルに行くには
新幹線や飛行機を利用するのが便利です。

時間がかかるので
日帰りよりも宿泊して目いっぱい楽しむのがオススメです。

ひろしまフラワーフェスティバルでは
道路でパレードを行いますので交通規制があります。

車での来場は不可となっていますので
どうしても車で行く場合は
宿泊先のホテルに駐車するようにします。

当日はとても混雑が予想されるので
公共交通機関を使ったほうが無難だと思います。

ひろしまフラワーフェスティバルは
ゴールデンウィークの風物詩として
しっかり定着しました。

混雑は覚悟しなくてはなりませんが
ゴールデンウィークのお出かけにいかがでしょうか?



スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ