熱中症の症状と応急処置

春が過ぎて夏が近づいてくると
ドラッグストアなどには「熱中症コーナー」が登場します。

熱中症とは暑い環境で生じる健康被害の総称であり
メカニズムや特徴によってさまざまな分類がされています。

ここでは、熱中症の種類についてお伝えし
それぞれの応急処置や対処法などについてもご紹介したいと思います。

また、乳幼児や高齢者など熱中症に特に気をつけなければならない人についても
しっかりとまとめていきます。

熱中症で命を落とす方が出ないよう
1人1人が意識を高くすることが求められています。


Sponsored Links

熱中症には大きく分けて4種類ある

「熱中症」とは、暑い環境で生じる健康被害の総称であり
次のように分類されています。

・熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下してしまい
脳への血流が減少することで発生します。

この場合、脈は速くて弱くなります。
特徴としては、めまいや一時的な失神、顔面蒼白などがあります。

・熱けいれん
大量に汗をかいて血液の塩分(ナトリウム)が減少したのにもかかわらず
水だけを補給してしまうと起こります。

足や腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こり
筋肉痛や手足がつるなどの症状が現れます。

・熱疲労
大量に汗をかいたのにもかかわらず
水分の補給が追いつかない場合に起こります。

体が脱水状態に陥り、全身の倦怠感(けんたいかん)や嘔吐
頭痛や集中力・判断力の低下が起こります。

・熱射病
体温の上昇のため、中枢機能に異常をきたした状態です。
体温が高く、意識障害が見られる場合もあります。


ase


熱中症とひとくくりにされてはいますが
このように様々な症状が存在します。

万が一熱中症が起きてしまった場合には
適切に応急処置をする必要があります。

それぞれの症状に対しての応急処置は以下のようになります。

・熱けいれん
生理食塩水(0.9%の食塩水)を補給します。

・熱失神・熱疲労
涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給します。

・熱射病
緊急事態ですので、病院へ一刻も早く運ぶ必要があります。
体温を下げることが重要ですので
全身に水をかけたり濡れタオルを当てたりして体を冷やします。

熱射病以外の場合でも、応急処置を行って回復が見られないときは
迷わずに救急車を呼ぶ
ようにしましょう。


暑い夏だけでなく、梅雨の晴れ間も危険

熱中症が起こりやすいのは
太陽が照りつける暑い日だけとは限りません。

ここでは、熱中症に気をつけたい時期についてご紹介していきます。

まずは、もちろん「真夏の気温が高いとき」です。
8月の日中で最高気温が高くなった日に熱中症の患者数が増加しています。

また、熱帯夜が続くことで夜間も体温が高く維持されてしまうため
熱中症が起こりやすくなります。

そして、もう1つ気をつけたいのが
梅雨の晴れ間や、梅雨明けの急に暑くなったとき」です。

6月後半から7月の晴れ間や
梅雨明けの時期
にも熱中症は多く見られます。

この時期は体が暑さに慣れていないために上手に汗をかくことができず
体温をうまく調節できないことから熱中症になりやすくなります。


ase2


乳幼児と高齢者は特に注意が必要

最後に、熱中症に特に気をつけなければならない人について
ご紹介していきたいと思います。

熱中症を起こしやすいと言われているのは、まず「乳幼児」です。

乳幼児は大人より新陳代謝が活発で、体温が高いのが特徴です。
しかしながら、汗腺の発達が未熟なため、うまく体温調節をすることができません。

炎天下の車の中など、体温よりも周囲の温度が高くなる場所では
短時間で体温が上昇してしまい生命に危険が及びます。

乳幼児と同様に熱中症に特に注意が必要なのが「高齢者」です。

高齢になると体の中の水分の割合が少なくなります。
同じ環境にいたとしても高齢者のほうが熱中症になりやすくなります。

高齢者は暑さやのどの渇きを感じにくく
水分を十分に摂ることが難しいということも分かっています。

高齢者は心機能や腎機能が低下しがちであるため
熱中症になってしまうと症状が重くなる傾向があります。

高齢者の熱中症は室内でとても多く発生していますので
部屋の温度が上がらないように工夫し
こまめに温度をチェックするようにしましょう。


ase4


ほかにも気をつけなくてはならないのが、
肥満傾向の人」や「持病がある人」「体調が悪い人」などです。

また、中学や高校の運動部では特に1年生が熱中症を多く発症しています。

これは運動に慣れておらず、自分の体の状態がわかっていないのに
無理をしてしまうからであると考えられています。

熱中症はスポーツ中だけでなく、室内でも起こり得る健康被害です。

暑い季節には塩分や水分をしっかりと補給
部屋の気温をしっかりと管理することが重要です。

少しでも異変を感じたら活動をやめて休むようにします。
毎年、熱中症で命を落とす方のニュースが尽きません。

もうすぐ暑い季節がやってきますが
油断せずにしっかりと熱中症対策をしましょう!



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ