近視の視力回復レーシック手術とは?問題点は?

パソコンやテレビなどの普及により
眼のトラブルに悩まされる方が増えています。

近視や斜視などで眼が悪くなってしまった場合
視力回復、視力矯正などのために
コンタクトレンズや眼鏡に頼るのが一般的ですが

レーシック」という方法もあります。

レーシック手術についてお伝えするとともに
日本での現状や問題点などについても挙げていきます。


Sponsored Links

レーザーで角膜を削り、視力回復を図る

レーシックとは、角膜屈折矯正手術の一種です。

目の表面の角膜に「エキシマレーザー」と呼ばれるものを照射し
角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術です。

アルファベットでは「LASIK」書き、正式名称である
「Laser(-assisted) in Situ Keratomileusis
 (英語・ラテン語・ギリシア語からなる言葉)」の
「La」「Si」「K」を繋げて読んだ単語です。

この文の意味は
「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し
 角膜を彫り整えること」です。


それでは、レーシック手術についてもう少し詳しく見ていきましょう。

世界で初めてこの手術が行われたのは1990年のギリシャでした。

レーザー機器もしくはマイクロケラトームと呼ばれる眼球用カンナを用いて
角膜の表面を薄くスライスし、ふた状の「フラップ」を作り、めくります。

表出した角膜実質層にエキシマレーザーを照射し、一部を削ります。
その後、フラップを元の状態に戻します。

フラップは自然に吸着していき
時間の経過とともに安全な強度に近づきます。

しかし、完全に元の状態に戻ることはないので
強い外圧がかかることによってフラップがずれる場合もあります。

このため、格闘技の選手など
顔面に衝撃を伴う職種にはこの手術は向いていません。

視力を矯正する手術はレーシック以外にも存在しています。

そのうちの「PRK」や「ラセック」といった手術を
スポーツ選手は選ぶことが多いようです。

レーシックをすることにより角膜の中央部が薄くなるため
「凹レンズ」と同じ効果を得ることができ、近視が矯正されます。

視力は術後すぐから1日程度で矯正されますが
安定するには1週間から1ヶ月程度を要します。

そして、90%以上の人が裸眼視力1.0以上になると言われています。






歴史が浅いレーシック手術。問題点は?

1995年にアメリカ食品医薬品局がエキシマレーザーの使用認可を出したことから
アメリカでは1998年以降レーシックが屈折矯正手術の主流となりました。

日本では、2000年1月に厚生省(現・厚生労働省)が
エキシマレーザーの使用認可を出し、最近では一般的になりつつあります。

レーシックは誕生からの歴史が浅いため
長期に渡る安全性が実証されていないとも言われています。

しかし2009年にアメリカの医学誌において
「近視に対するレーザー手術は長期的に見ても安全である」
という研究結果が発表されました。

手術を受けたほとんどの患者が視力を回復できるレーシックですが
中には受けたくても手術が受けられない場合があります。

まず、角膜に一定の厚さが必要なため、角膜が薄い場合や
眼に疾患などを抱えている場合は手術を受けることができません。

そして、近視の進行する10代などの若年者は手術が受けられません。

レーシックでは近視はもちろん、遠視や乱視についても
矯正することができますが、加齢により進行する
「老眼」には有効ではありません。

また、角膜屈折矯正手術後、角膜上皮の再生・治癒反応に伴い
「ヘイズ」と呼ばれる角膜の混濁が現れる可能性もあります。

eyeillust


日本ではレーシックに関するさまざまな不祥事が起こった

続いては、日本におけるレーシックの問題点について
ご紹介していきたいと思います。

まずは、「合併症のリスク」です。

個人差はあるものの、手術に伴って
合併症が起こる可能性があります。

中には深刻な合併症となる場合があり
後遺症として残る場合があります。

このことから消費者庁は2013年12月4日に
安易なレーシック手術を避けるよう注意を呼びかけました。

そして、「角膜感染症」についても注意が必要です。

通常はレーシックを行う場所においては
消毒などが徹底的に行われています。

2008年から2009年にかけて東京・銀座の「銀座眼科」で
レーシックを受けた患者の約1割が角膜性感染症などを発症しました。

ずさんな体制や衛生管理の不備などから
2010年12月に元院長が業務上過失傷害の容疑で逮捕されました。

また、レーシックが「自由診療
であることも問題点の1つです。

現在のところ治療には健康保険が適用されないため
手術費用は場所によって幅があります。

そして、その料金表示をめぐって
不祥事になったケースも存在します。

他にはパイロットの受験資格に制限があったり
生命保険などの加入時に不利になったりなどの問題点があります。

視力を矯正したいからといって
安易にレーシック手術を受けるのは考え物です。

もし受けるとしたら
信頼できる医療機関で受けるようにしましょう。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ