クラっと「めまい」上手につきあうには?その症状と原因 対処法

急にめまいがして、「なにかの病気?」
と驚いたことありませんか?

また、常日頃からだの調子が悪くなると
立ちくらみやめまいがすることはありませんか?

めまいは単独ではなく
頭痛や吐き気もともなうやっかいな症状です。

原因はさまざまですが
少しでも知って
自分に合う対処療法をみつけてくださいね。

Sponsored Links

めまいの原因はいろいろ

私たちの身体は
バランスをとろうといつも働いています。

ところが、耳や脳にダメージがおこると
そのバランスがくずれ、めまいの症状になるのです。

つまりめまいは耳と脳から、が
原因となることが多いのです。

耳でいうと、中耳炎もそうですし
内耳のリンパが増えすぎるとむくんで難聴や
耳のつまりを感じ、結果めまいがします。

これはメニエール病にもつながります。

脳は、脳腫瘍や脳梗塞からめまいが起こります。

またそのほかの原因として
血圧の急変動も考えられます。

立ちくらみの症状が主なものですね。


まずは病院に!

たとえば、めまいと同時に吐き気に悩まされるなら
吐き気止めがあると安心です。

お守り代わりにもなり
飲まなくても吐き気が出なかった
という話は時々聞きます。

内耳のリンパが原因なら
血流を促すための抗めまい薬が処方されます。

一度、耳鼻科等に行き
話をきいてもらうことが肝心です。

自律神経の異常も考えられますので
こうなるとメンタルケアも大切になっていきます。


ツボやアロマでリラックス

耳、脳、メンタル・・どこの調子が悪いのかを
自分で考えるだけでも、りっぱな対処への一歩です。

耳の後ろの完骨や天容というツボを刺激してみましょう。
これは立ちくらみにも効果のあるツボなので
場所を確認してみてくださいね。

アロマオイルはジャーマンカモマイルやゼラニウムなどが
リラックス効果があると言われています。

ただ生理中に通経作用があるアロマ(クラリセージなど)を選んでしまうと
出血が多くなってしまうこともあります。

生理前のめまいに悩んでいる人は、
かならず専門店で相談しながら購入してください。


めまいを少しでも予防するには

規則正しい生活、十分な睡眠、
そして血流を促すための適度な運動や入浴です。

当たり前のようですが、これが一番大切なのです。
頭をうごかしたり、深呼吸をしたり、リラックスも大切です。

女性は更年期にめまいに襲われることが多くなります。
閉経後はカルシウム不足からくる頭痛もよく聞く話です。

急なめまいにあわてないように、
上手に付き合う方法を考えてみてくださいね。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ