奄美大島の郷土料理 魚味噌(イュンミソ)とは?

人気バラエティー番組『秘密のケンミンSHOW』にて、奄美大島では一般的な『魚みそ』が紹介されました。

ここでは、奄美大島について少し触れながら、魚みそについてご紹介します!



amamiooshima




地域独特の食文化として紹介された『魚みそ』

『カミングアウトバラエティ!!秘密のケンミンSHOW』とは、毎週木曜日の21時から日本テレビ系列で放送されています。

司会はみのもんたと久本雅美で、2007年10月11日の放送開始から現在まで放送回数は100回にも上ります。ここでは、『県民』という言葉が使われてはいますが、大阪府や北海道など県以外についても取り上げています。

タレントが出身地別に出演し、その土地だけで行われている行事や習慣を紹介するのが主な番組内容になります。

2013年11月7日の放送では、『ヒミツのごちそう』コーナー内で鹿児島県の奄美大島に住む人々が好んで食べるという『魚みそ』が紹介されました。後ほど、魚みその詳細や作り方についてご説明します。


独自の文化を持つ、奄美大島

続いて、鹿児島県の奄美大島について少しご紹介します。
奄美大島は九州の南方海上にある奄美群島の主要な島であり、単に『大島』と呼ぶこともあります。

本州などを除くと佐渡島に次いで面積5位の島で、ほとんど雪が降らず、海岸ではサーフィンを楽しむ人が多いです。
また、バナナやパイナップル、マンゴーなどの南国の果物が栽培されており、国や県に指定された天然記念物も多く存在しています。

奄美大島は沖縄県と同様に琉球文化圏の一部を構成していますが、沖縄と九州の中間的な文化になっています。
また九州や沖縄以外にも、中国大陸や東南アジア方面などの影響も受けたと言われています。


ご飯のお供に!『魚みそ』とは?

奄美大島においては、サトウキビやサツマイモの生産や、マグロや車えび、タイなどの養殖が盛んに行われています。
魚みそとは、焼き魚とみそを和えて砂糖で味付けしたもののことです。


uomiso


みそは奄美大島の名産である『高倉みそ』を使うことがポイントで、これは大豆や麹の粒が大きいのが特徴です。
魚みその食べ方としては、ご飯の上にかけて食べる方法が一般的です。

それでは、もう少し詳しく魚みその作り方についてご紹介します。


魚みその作り方
■(1)タイやイワシなどの好きな魚を焼き、骨を取り除いてほぐす
■(2)魚に炒めたみそとザラメ、すりゴマを適量入れる

このレシピは一例で、鰹節を加える場合もあります。
調理手順は簡単ですが、キーポイントはやはり高倉みそを使うということ。

地元の方では知らない人はいないほどの有名な食べ物で、塩分が控えめで独特の旨みがあるそうです。
また、魚以外にもイカやタコ、豚やピーナツと和えても美味しいそうです。

魚みそや、その材料である高倉みそはインターネット通販で購入することができますので、興味のある方はぜひどうぞ!



スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ