新潟名物「笹団子」 お取り寄せならどこがオススメ?

ときどき無性に食べたくなるのが笹団子。
新潟県の名物お菓子です。

笹の葉をむいたら顔を出す、よもぎ餅の香り
一口食べると春の喜びを表すような食感が口の中に広がります。

200軒ともそれ以上とも言われている
新潟県の笹団子のお店。

お取り寄せにはどの店舗がおすすめでしょうか

いろいろ見てみましょう!


Sponsored Links

ニュータイプ!

昔ながらの笹団子にお嫁さんがやってきた
というコンセプトで誕生した新名物から紹介します。

南魚沼市にある孝泉堂の「生クリーム笹団子」

あんこと生クリームはよく合いますよね。

生クリームあんパン
(普通のあんパンの中にさらに生クリームが入ったもの)大好きです。

あんこと生クリームに早春のよもぎの香りが加わることで
よりさわやかに食べることができます。

25度の室内で自然解凍を行い30分過ぎごろが食べごろだということですが
お取り寄せのいいところは、自分の好みの温度で食べられることです。

sasadangonamacream

こういうときは、ついつい早めに手が出てしまい
思ったより冷たいかな?
ということがままありますが、それもまたおいしいです!
孝泉堂



老舗なら

明治16年に創業、笹川餅屋の笹団子はいかがでしょう。

団子の生地は、新潟産コシヒカリと
こがね餅を石臼でひいた粉
を使用しています。

ヨモギは、県内で自生し、それを乾燥させたものを使っています。
笹の葉は朝日、飯山連峰にはえる九枚笹や粽笹を使用。

あんこは十勝産の小豆で自家製です。

材料にこだわり、昔ながらの製法でつくる味
とても安心できます。

sasadangosasakawa

ここのあんこを以前いただいたことがあります。
そのときはぜんざいを作りました。

とてもおいしくできました!

自分で作るあんこはもちろんそれなりにおいしいのですが
ばっちりと味が決まっているあんこのおいしさは、忘れられません。
笹川餅屋


きんぴら入り!

おかず笹団子があることをずっと知りませんでした。

でも考えてみたら、新潟県とおやきで有名な長野県は、お隣同士。
食べ物はきっとつながっているのだろうなあと感じました。

ここから、郷土料理としての笹団子に興味がわいてきました。

笹団子にあんこを詰めるようになったのは、明治の中ごろからのようです。
これは庶民にも砂糖が手に入れやすくなった時代がこのころだったからです。

それ以前は、中に何も入れていない団子(男団子)
ありあわせのものを詰めていたようです。

ありあわせのものといいますと、
みそ、ごま、くるみ、きんぴら、ひじき、あらめ(肉厚の海藻です)など。

つまり、家にあるものは何でも使い、普段から便利な
腹ふさぎの食べ物として笹団子は伝わってきたのです。

春になり農作業が本格的に忙しくなりますが、季節がすすみ
田植えが終わるころには、ようやく一息つけるようになります。

この時期はよもぎの香りもひときわで笹団子作りがさかんになるのです。

各々の家ではその家ならではの笹団子を作り
その味を隣近所で競い合ったともいわれています。

きんぴら入りの笹団子には
そんなルーツを思い起こさせる味わいがありますね。
田中屋本店

kinpiradango


ちょっと休憩!こんなお菓子もありますよ

きのこの山 笹だんご風味

見た目が毒キノコみたいと巷で話題になっていますが
味はなかなかいけるそうです。

カントリーマアム 笹だんご

countrymamsasadango
      不二家

思いのほか、おいしいそうです。
やわらかいクッキーは団子の食感をほうふつとさせるとか・・・。


新潟の他の名産も魅力的です

笹団子のお取り寄せをしていると、どうしても他のものにも目移りし
ついでに試してみたくなりますよね。

ここのHPではそんな要望にぴたっと応えてくれます。

掲載されている笹団子の市川屋
老舗ならではのこだわりをもっています。

笹離れをよくするための脂を使っていないそうなので
笹からはがれにくいかも・・

sasadangoichikawa

ということですがそれでも一度、ぜひ食べてみたいですね!
新潟・直送計画から市川屋


カラフルな笹団子

柿笹団子をご存知ですか?

外側が柿色のだんご、
中身は干し柿とあんを練りこんだものだそうです。

kakidango

これはもちろん秋冬限定商品で、栗笹団子もあります。
春には「笹さくら」、桜の塩漬けがこしあんに練りこまれています。

笹団子と言えば、よもぎの緑を思い浮かべますが
柿色、やさしい栗の色、そして桜色・・・と

季節の色彩を楽しむこともできるのですね。
小竹食品


いかがでしたか?
笹団子と一口にいっても、外側も中身もいろいろあります。

その食べ物が伝えられてきた時間を思うと
本当に一口が大切に感じられます


きんぴら笹団子、取り寄せしてみたいと思います。




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ