知ってるようで知らないぜんざいとお汁粉しるこの違い

寒い冬は、暖かくて甘いものが欲しくなりますよね。
ホットココアやカフェオレもいいけど
小腹も満たせる善哉はいかがですか?

でも、善哉って、小豆を煮たやつの中に
お餅や栗を入れるやつじゃない?

それってお汁粉と違うの?
と、ふと疑問に思ったことはありませんか?

Sponsored Links


善哉(ぜんざい)とは?

それでは、厳密に善哉とお汁粉はどう違うのか見てみましょう。

関東と関西でも微妙に違うようですが
一般的に善哉とは小豆を砂糖で甘く煮て
この中にお餅や白玉団子、栗を煮たものを入れて食べるもので
小豆の粒が見えるものが善哉というようです。

一部の地域では、小豆を似た粒あんのようなものに
お餅やお団子を絡めたものをお椀に入れ
善哉として出すところもあるようです。

別の地域では粒餡をお餅に絡めた
「あんこ餅」とも呼ばれているようですね。


お汁粉(しるこ)とは?

お汁粉は水分が多い「こし餡」や「粒餡」などの「小豆汁」に
お餅や白玉団子を入れたもの。

水分が多く、小豆の粒が見られないことも多いのが特徴
という地域も多いようです。

こうしてみてみると、小豆をメインにして小豆を煮てつくったものが善哉
小豆ではなく、こし餡などを水で溶いて小豆汁にして餅などを入れたものが
文字どおり汁粉となるようです。

お餅や白玉団子、栗などを入れるのは共通です。

さらにもう少し詳しくみていくと
同じお汁粉や善哉でも関東と関西では呼び方が違います。

関東では同じお汁粉でも小豆の粒がなく
サラサラしているものは御前汁粉。

粒あんで小豆の粒が見えるものでドロドロしているものを
田舎汁粉と呼び分けています。

関西ではこし餡のサラサラなものをお汁粉
粒あんのものを善哉というケースが多く、東西で呼び方が違います。



zenzai




善哉の語源

この善哉、漢字で書くと「善き哉(よきかな)」となりますが
昔、初めて善哉を食べたお坊さんが美味しさのあまり
「善哉」と絶賛したのが始まりとも言われています。

一説によると有名なお坊さんの一休禅師が初めて食べたときに
「善哉此汁 」といったことが由来とも言われています。

また、出雲地方では神事「神在祭」に「神在餅」という
小豆汁に餅を入れたものを振舞う風習があり
この「じんざい」が訛り、「ぜんざい」へと変化したという説もあります。 

他にも島根県松江市鹿島町の佐太神社のホームページには
11月25日に神様をお送りする神等去出(からさで)神事が執り行われ
神前に供えていた餅と小豆を一緒に煮て小豆雑煮を作り
再び供えていたという紹介があります。

これを「神在餅(じんざいもち)」と呼び
今も宮司宅では家例としてこの日に小豆雑煮をつくって
祖霊社、稲荷社、邸内の歳神にお供えしているとのこと。

昔は近隣の里でもこの日の朝に餅をつき参拝する慣わしがあり
参拝するものは必ず一重ねのオカガミ(餅)をもって参った後
小豆を入れた雑煮餅を作って家の神棚に供えてから頂く風習があったようです。

この「神在餅」が転化して
「ぜんざい」になったといういわれが紹介されています。


小豆の持つ力

日本人は昔から「小豆」は特別な作物でした。
ただ甘味が強く、美味しいからだけではなく
小豆の「赤い」色に生へのエネルギーを感じていたようです。

小豆ともち米を一緒に炊く「お赤飯」はお祝いごとに欠かせません。
古来から「小豆」は日本人にとって特別なものだったんですね。

さらに栄養学的にも小豆には利尿作用があり
むくみの軽減につながるとか。

血液の流れの調整や、老廃物の排泄をうながす効果もあるので
セルライトが気になる人にも嬉しい食べ物です。

また、ビタミンB1も豊富で、皮下脂肪の沈着を防いでくれますし
食物繊維で便秘も解消といいことづくめの食材です。

もちろん、このような美容に関する効果を期待するなら
砂糖抜きで煮たものを食べるのがおすすめです。

色々な力を持つ小豆をたっぷりと食べられ
冬にぴったりのお汁粉と善哉。

どちらでもお好みの方法で召し上がってみてくださいね。




スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ