わかめのメカブ 栄養は?レシピは?

スーパーマーケットで
パック詰めされているメカブ
おいしいですよね。

メカブはわかめの根本部分のこと
以前は捨てられていたそうです。

栄養分が豊富なことから
見直された食材なのだそうです。

メカブの栄養分を確認し
レシピを見てみましょう!



Sponsored Links

メカブの栄養

メカブとは、わかめの根元にあるひだひだの「胞子のう」の部分です。
つまりここから新しいわかめが生まれます

とても栄養が含まれています。

mekabu

■フコダイン
 ピロリ菌の付着を防止、またがん細胞を殺したり、
増殖の抑制に働きかけたり、がんの抑制に大きな働きをします。

またインフルエンザの予防にも効果があるとのこと
知りませんでした・・。次の冬には備えたいです!

■カルシウム
 骨を作る、精神安定

■カリウム
 高血圧の予防と改善

■ヨード
 甲状腺ホルモンの分泌促進

など多岐にわたります。


■食物繊維も多く含まれているので
便秘の解消にもつながります。

効能は、精神安定、滋養強壮、免疫力のアップ
など、毎日の生活に必要なことばかりです。

海藻には栄養があるというのはこういうことなのですね。

そのほかにも、肌荒れ防止、体臭や口臭予防、抜け毛予防など
さまざまな効果があるので、ぜひとっていきたい日々の食物です。


生のメカブと乾燥メカブ

4月ごろに出回る生メカブ
これはぜひとも味わってほしい季節の食べ物です。

なんといっても、
しゃぶしゃぶが一番!

茶色のメカブが、さっとお湯をくぐらせると
きれいな緑に大変身。

家族みんなで大喜びする瞬間です。






そのほかに、
◆刻んだ生メカブに麺つゆを合わせ、
そばつゆにします。

これは和風パスタにもあいます。

春といっても思いのほか肌寒い日々も続きますよね。
温かいつゆにすると、メカブのねばねばも優しく味わえます。


さて、生のメカブの季節が終わったら、
今度はぜひ乾燥のメカブを試してみてください。

使いやすさ、手軽さで、本当に便利な食材です。

戻したメカブを、
オクラと合わせて◆ねばねばサラダにすると手軽です。
また青じそドレッシングとよく合います。

キャベツなどの浅づけに、
戻したメカブを加える
ことでも、
より味わい深くなります。

ダシに、ぜひメカブ入りを!

◆山形県の郷土料理『だし』
ダシ、刻んだきゅうり、なす、みょうがをしょうゆなどで味付けしたもので、
都心でもすっかりお馴染みになりました。

夏のごはんのお伴にぴったりですが、
メカブを入れるとさらに濃厚になります。


乾燥メカブは、ドレッシング、三杯酢、マヨネーズ、めんつゆ、しょうゆ、
なんでも合いますので、自分の味を見つけることができます。

栄養価が高いことで健康食材の側面が強いメカブですが、
おいしいから食べるというスタンスだと、
より気持ちも軽くなりますね。

そのほかにも、納豆、長芋、など、
ねばねば食材との相性はぴったり
です!


メカブともずくのちがい

ところで、メカブともずくは何がちがうのでしょうか。

もずくは、その名のとおり、もずくという名の食用海藻です。

もっている栄養分はほぼ同じですが、
メカブの方がより高い栄養を含んでいます。

もずく酢もとてもおいしいですね。
どちらも好みで食べわけたいですね。


取り過ぎには注意

栄養豊富なメカブですが、
過剰な摂り過ぎには注意しましょう。

メカブに含まれるヨウ素の過剰摂取は、
下痢や甲状腺異常につながります。

メカブを通常の範囲で食べる分には問題はありません。

ダイエット目的で、ヨウ素のサプリメントを飲んだり、
メカブをごはん代わりにしたり、
「過剰」な期待は禁物だということです。

みそ、しょうゆ、豆腐などの大豆食品は、
「ヨウ素中毒を予防する」働きがあります。

これらを上手に取り入れて、
メカブと仲良くつきあっていきましょう。


いかがでしたか?
メカブのもつパワーをあらためて知りましたね!

メカブは新しいわかめを作る場所
エネルギーに満ち溢れた自然の恵みをぜひ、
あじわってくださいね!


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ