手作り行楽弁当簡単おかずレシピ ①春の花見弁当

お花見の季節が近づいてくると
とても楽しみになりますね。

にぎわう名所も盛り上がりますが
お弁当をもって近所の公園で食べるのもまた楽しいですよね。

定番のおにぎりやサンドイッチの工夫
餃子の皮を使った簡単なおつまみなど
お花見にぴったりのメニューを集めました。

ぜひ参考にしてくださいね。


Sponsored Links

ポイントは、肌寒い(かも知れない!)

花見の季節は、実は肌寒いことが多いです。

花冷えという季語があるくらいなので
寒いお花見を経験した方も多いでしょう。

すすめられるがままに冷たいものばかり飲んでいると
身体中が冷えてしまいます。

これではせっかくのお花見も楽しめませんね。

お湯の入ったポットに
紙コップとインスタントコーヒーをもっていくなど
◆あたたかい飲み物があるととても便利なのです。


おにぎりが一番!

手軽さで言えば
◆おにぎりが一番ですね。

目先が変わったものを・・とつい考えてしまいますが
おにぎりは単純な味こそがおいしいです。

焼き鮭ほぐし
とろろこんぶをまぶしたもの
うめぼし

ここに季節を加えるなら
桜の花の塩漬け
ふきの葉の佃煮などがぴったり。

桜の花の塩漬けは、お茶もとてもおいしいです。
あるとこの季節なにかと重宝します。

ぜひ使ってみてくださいね。

参考
京都のおばんざい


ピンチョスが便利

串で食べるおつまみ
◆ピンチョス

お花見弁当にその力を発揮します。

きゅうり、チーズ、ちくわ
かまぼこ、ハム、ミニトマト・・・。

火を通さなくてもいいちょっとしたものは
串でさすだけで見た目がおいしそうに見えます。


餃子の皮が便利です。

一口で食べられ、手も汚れない
餃子の皮を使った料理はとても便利です。

◆サモサ風
ゆでたジャガイモと
カレー風味に炒めたひき肉を混ぜ
餃子の皮でつつんであげたもの。

本格サモサはひよこ豆を使いますが
お手軽なのはこちらです。

コロッケよりも実は簡単。

◆チーズとしそ
拍子木に切ったチーズに
しそ(またはのり)を巻いて油であげます。

餃子の皮とチーズは相性ピッタリですね。
いろんなチーズの種類を試してみてくださいね。

◆ウインナー、ハムをまく
フライパンで焼くだけで
簡単ブリトーができます。

チーズ、ケチャップなどお好みで。

◆甘く煮たさつまいもをつぶし、皮でつつんであげる
デザートになります。

スイートポテトのあげものバージョンですね。

上記の他にもさまざまあるので
ぜひ試してみましょう!


サンドイッチも食べたい

パンを自宅で焼く人が増えてきて
サンドイッチのレパートリーも随分と増えました。

お花見に合うメニューを紹介しますね。

◆ハムとチーズのサンドイッチ
定番中の定番ですがハムの並べ方にポイントがあります。

どこから食べてもハムがある!ぜひお試しください。

参考
ハム・チーズのサンドイッチ

◆ライ麦パンとクリームチーズ
クリームチーズはそのままでも
ジャムを添えて少し甘くしてもどちらでもいいです。

ライ麦パンとクリームチーズはよく合うので
おひさまの元でぜひ食べてみてくださいね。

◆ほうれん草とオムレツとベーコン
別にお花見の時でなくてもいいのですが
ほうれん草とパンはとてもよく合うのです。

このときのサンドイッチは厚切りパンが似合います。
このパンはトーストしてから作るとなお、おいしいです。

パンも中身も火が通っているので
安心感のあるサンドイッチで
少量でも満足感が得られるので
急遽決まったお花見ランチにはぴったりです。

参考
菜の花と卵のサンド


デザートには桜もち

東京都、隅田川にほど近い場所にある長命寺
ここから桜餅は誕生します。

江戸時代中期、寺の小僧さんが
いくら掃いても積もり続ける桜の落ち葉に手を焼き
何か妙案はないかと考えました。

そこで冬の間塩漬けにしておいた桜の葉っぱを
あんの入った餅にくるみ
開花に合わせてやってきた参拝客に振舞ったところ
とても人気を呼び
「長命寺の桜餅」として有名になりました。

そもそもは、花見の時に食べられていたものなのですね。

関西では、道明寺の桜餅が有名です。

◆桜餅
実は作るのはさほど難しくありません。

関東風なら白玉粉と小麦粉
関西風なら道明寺粉を使い
電子レンジやホットプレートを使ってできます。

こちらもぜひ試してみてくださいね。

参考
簡単♪ ホットプレートで関東風桜餅

コンビニ弁当
デパ地下のお惣菜
有名店のお弁当
おにぎり・・。

気がつくともう何度もいろんな種類の弁当をもって
お花見をしていることに気がつきました。

毎年実は
「来年こそはお重箱をもってお花見にいきたいな」
と思うのですが、つい先送りになっています。

でも、おにぎりはいつもの
使い慣れた餃子の皮を使う・・などと、

手順を考えれば、お弁当作りもっともっと楽しめそうですね。
作るのも食べるのも楽しく、今年のお花見を過ごしたいと思います。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ