スクールカーディガン制服と校則に合わせてカスタマイズ

春先など、まだ寒さが残る時期に役立つのが
『カーディガン』です。

これは、19世紀のクリミア戦争の中で考案され、
現代ではカジュアルにもフォーマルにも使える
ファッションアイテムとなっています。

また、多くの中高生が男女問わず制服と合わせて着用していて、
スクールカーディガン』と呼ばれています。

スクールカーディガンの色やブランド選びについて
ご紹介していきたいと思います。

Sponsored Links

前開き式、温度調節のしやすさが魅力のファッションアイテム

『カーディガン』とは、
ニットで作られた前開き式の羽織もののことです。

1853年から1856年まで続いたクリミア戦争において、
無茶な突撃を行った英国陸軍の第7代カーディガン伯爵
ジェイムズ・ブルデネルが考案したとされ、
その名で呼ばれることになりました。

もともとは怪我をした者でも着やすいように、
保温のための重ね着として用いられたVネックのセーターを前開きにして、
ボタンで留められるようにしたのが始まりだと言われています。

カーディガンは長袖が一般的ですが、
襟付きのものや半袖のものもあります。
ただし、袖がないものに関しては『ベスト』として区別されます。

防寒としてはウールやアクリル、ポリエステルが一般的ですが、
真夏のクーラーに対応するために、綿製のカーディガンもあります。

さて、カーディガンは手軽に温度調節ができるため、
中高生が制服と組み合わせて着用することも多く、
『スクールカーディガン』と呼ばれています。

男女問わず着用していて、
ブレザーやセーラー服、学ランなど
制服の形を問わず合わせることができます。

ただし、スクールカーディガンの着用については、
校則で指定されている学校が多いので、
注意が必要です。

多くの学校では、
派手にならない『白・黒・紺・グレー・茶・ベージュ
などが主流です。

また、高校と比べて中学校は校則が厳しく、
中学生は『黒・紺・グレー』と指定されることが多いようです。


cardigan


流行を追わないなら、制服に合わせて色を選ぶのが無難

校則でスクールカーディガンの色が指定されていない場合、
その自由さゆえに何を買おうか迷ってしまうケースがあります。

続いては、制服に合う
スクールカーディガンの選び方についてまとめます。

毎年、スクールカーディガンには流行があり、
ティーンファッション誌などで紹介されることが多いです。

しかし、流行を追わない場合は、
制服の全体の色からスクールカーディガンの色を見つける
コーディネートがうまくいきます。

制服全体が黒基調の場合は、
そこに黒のカーディガンを合わせてしまうと
重たい印象になってしまいます。

そんなときは、中間色の紺やグレーを入れると良いでしょう。
また、紺は重過ぎると感じたら
チャコールグレーなどが合うと思います。

また、上下が紺の制服の場合は、
紺よりも茶やグレー、白などが合います。

また、チェック基調のスカートやスラックスに合わせる場合は、
その柄の中にある色でカーディガンの色を決めると、
全体のバランスが良くなります。

私も高校生の頃、学校帰りに妹と一緒に
スクールカーディガンを買いに行ったことがあります。

購入するときは私服ではなく制服で行くと、
色合いを確認できるのでオススメです。

ただし、学校によっては
制服で遊びに行ってはいけないところもありますので、
注意が必要です。


定番ブランドを買うか、シンプルなものをカスタマイズするか

続いては、スクールカーディガンの
定番ブランドについてまとめたいと思います。

私が高校生のころは、
ラルフローレン』や『イーストボーイ』、
プレイボーイ』などが一般的でした。

これらのブランドは現在も不動の人気を誇っています。
また、最近では店舗の多さや値段の手ごろさから
ユニクロ』の人気が高いです。

色やポケットの有無など、
好みや校則に応じて選びましょう。

さて、中には
『ユニクロのカーディガンではシンプルすぎて物足りない』
と感じる方もいると思います。

その場合は、校則で許可されている範囲で
自分なりにカスタマイズするのが良いと思います。

ユニクロでは『UNIQLO CUSTOMIZE』と題して、
自社製品にプリントや刺繍を施す有料サービスを行っています。

刺繍の場合は1枚からインターネット注文することができ、
1箇所だと1200円、2箇所だと1500円の加工代がかかります。

また、このようなサービスを使わなくても、
手芸屋や100円ショップでは
アイロンで付けられるワッペンやラインストーン
などが売られています。

こういったものでデコレーションしたり。
ボタンをシンプルなものからカラフルなものに取り替えたり。
柄付きのポケットを付けたり。

など校則とも相談しながら好みに応じて
自分だけのカーディガンを作っていくのも
楽しいのではないでしょうか。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ