「おサイフケータイ」どんなことに使える?問題点は?

コンビニや自動販売機などで電子マネーとして使うのはもちろん
会員証やポイントカードとしても大活躍する「おサイフケータイ」。

これは、「FeliCaチップ」と呼ばれる
ICチップを搭載した機種であれば利用することができます。

このサービスが開始して以来
多くのユーザーが利用してきました。

しかし、世界的な人気を誇るスマートフォン『iPhone』は
この機能に対応していません。

ここでは、おサイフケータイの使い方
iPhoneでも工夫次第でおサイフケータイ風に使える方法
機種変更、紛失、盗難時のおサイフケータイの問題点などについてまとめていきます。


Sponsored Links

単なる「サイフ」ではなく、さまざまなサービスに対応

『おサイフケータイ』とは、携帯電話に埋め込まれた
FeliCaチップ」と呼ばれるICチップを使ったサービスや
このサービスに対応した携帯端末の総称です。

また「サイフ」という名称を使ってはいますが
売買の電子決済以外にも用いられているのが特徴です。

たとえば、各種会員証や量販店のポイントカード
公共交通機関の乗車券などとしての利用が挙げられます。

「おサイフケータイ」という名前は
システムの開発を行ったNTTドコモの登録商標ではありますが
他社にもシステムや商標権がライセンスされています。

そのため、KDDIやソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・モバイルといった
他キャリアも「おサイフケータイ」の名称を使用しています。


携帯1つで色々できるので便利

続いては、おサイフケータイの特徴について
詳しく見ていきたいと思います。

まずは、その名の通り電子マネー機能があります。

店舗や自動販売機などで支払いをすることができるので
コンビニなどで小銭を出す必要がありません。

また、乗車券やポイントカード、会員証やクレジットカードとして
使うこともできるので、たくさんのカード類を
持ち歩かなくても良い
という部分がユーザーにとって便利です。

また、カードへの入金を携帯電話だけで完了することができるので
手間がかかりません。

ちなみに、NTTドコモ、au、ソフトバンクそれぞれが扱う
Apple社のスマートフォン「iPhone」はおサイフケータイに対応していません。

このため、以前からおサイフケータイに親しんできたユーザーからは
不満の声が上がっていました。

しかし、最近ではSuicaなどの
非接触ICカードを収納できるiPhone用ケースも発売されています。

これは、電波干渉防止シートによって
ICカードとiPhoneを重ねても読み取りエラーを起こしません

このような製品を使用して
iPhoneをおサイフケータイのように使う方もいるようです。


osaifkatai


一番心配なのは、携帯の紛失や盗難

このように、便利で多くの方に支持されているおサイフケータイですが
問題点がないわけではありません。

これは、決済機能をはじめとする複数の機能を
携帯電話に一本化する方式です。

ですから携帯電話を紛失・破損したり
盗難に遭ったりした場合のリスク
があります。

おサイフケータイは携帯電話の電波が入らない場所においても
各サービスの基本機能が利用できるように設計されています。

一般的に携帯電話を紛失したり盗難されたりした際に
電話回線の利用を停止しますね。

ところが携帯電話に登録されているプリペイドカードや
乗車券などの機能は、自動的には停止しません


そのため、ユーザーはそれぞれのサービス事業者に連絡を取り
停止の手続きを行わなくてはなりません。

特に、クレジットカードに対する抵抗感の強い日本では
これらの不安点を解消するために、
電話やメールを通してこの機能をロックできる端末も発売されています。

また、本体の機能を用いてあらかじめロックをしておき
必要なときだけ解除するという使い方をするのも安心です。

そのほかには、身分証明書として会員証などに用いる場合
なりすまし」などのリスクもあります。

また、FeliCaチップが携帯電話の内部に固定されているため
メモリーカードのように取り外しができないのも問題点として挙げられています。

このため、修理や機種変更の際にはデータを各サービス会社に預け
後で元に戻す
必要があります。

ただし、キャリアによっては一括移行サービスを行っています。

おサイフケータイはとても便利ではありますが
万が一に備えて日ごろから管理に気をつける必要があります。



スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ