祇園祭の2014の日程 見どころは宵山と山鉾巡行

古くから庶民のために行われてきた祇園祭は
毎年7月に京都で行われます。

3つのくくりを作るのが大好きな日本人は
京都三大祭り、日本三大祭りなどと
祇園祭を様々な三大祭のひとつとして親しみを持って接してきました。

そんな祇園祭とは一体どのようなものなのでしょうか。
1ヶ月も続く、祇園祭の日程を追って見ましょう。

毎年多くの人出で賑わう前夜祭の宵山とは?
山鉾巡行とは?前祭と後祭とは?

祇園祭の全体像に迫ってみたいと思います。


Sponsored Links

祇園祭 基本情報

祇園祭は9世紀から京都の夏の風物詩として親しまれてきました。

863年、疫病の流行を防ぐために
薬師如来の化身・牛頭天王(ごずてんのう)を祀り
御霊会(ごりょうえ)を執り行ったのがその起源と言われています。

京都は盆地にあるため、高温多湿で
多くの疫病が流行しやすい環境にありました。

そのために無病息災を祈念し行なわれた御霊会が
毎年賑わうお祭りの起源としては、意外ですね。

祇園祭が毎年行われるようになったのは970年のこと。
以来神仏混交の儀式として執り行われています。


gionmatsuri


祇園祭のメインは何だ?

祇園祭は7月中ずっと行われていますが
メインとされるイベントが3つあります。

一つは前祭7月14日~16日と後祭7月21日~23日の
宵山(よいやま)です。

二つめが前祭7月17日と後祭7月24日に行われる
山鉾巡行(やまほこ、やまぼこじゅんこう)です。

そして祭りの中心行事である前祭の神幸祭(しんこうさい)が7月17日に、
後祭の還幸祭(かんこうさい)が7月24日に行われます。

神幸祭還幸祭の夕刻から行われる神輿渡御(みこしとぎょ)は
勇壮豪快で荒々しく、神輿が暴れ練り歩く様は
まさに祇園祭のクライマックスと呼ぶにふさわしいものです。

宵山は本祭の前夜に行われる前夜祭にあたるイベントで
山鉾巡行につぐ観客動員数の多さを誇っています。

宵山では各地で山鉾が飾られ、祇園囃子が奏でられ
各名家の家宝や屏風などが美しく飾られます。

歩行者天国では出店が多数出店されるお祭りらしい雰囲気のなか
多数の見物客が楽しんでいます。

出店で販売される粽(ちまき)には厄除けの効果があると言われており
これを目当てに宵山に訪れる人もたくさんいるんだそうですよ。

山鉾巡行では、重要有形民俗文化財に指定されている山鉾が
多数巡行するため、動く美術館とも呼ばれています。

山鉾行列では山鉾が市内を行列し
見物客を楽しませます。

祇園祭で最も盛り上がるイベントです。

山鉾は二度に分けて行われます。

一度目は前祭の17日に行われ
午前中から32基の山鉾が四条通り
河原町通りなどを行列します。

それぞれの山鉾では祇園囃子が奏でられ、とても賑やかです。

二度目は後祭の24日に同様の内容で行列が行われます。

「後の祭り」ということわざがありますが
これは祇園祭についてのことわざです。

期間中、前半は盛り上がるイベントがあるのですが
後半にはそれがないことから
後からではどうにもならないという意味のことわざになったのです。

つまり、二度目の山鉾行列は後の祭り唯一の
盛り上がるイベントと表現できるでしょう。

一度目よりも人出が少なくなることが予想されますので
あえてこちらを狙うのもいいかもしれません。


yamahoko


宵山、山鉾行列以外のイベントはなんだろう

7月中開催される祇園祭には
メインイベントの2つ以外にも多数の行事が行われます。

一部を紹介しましょう。

祇園祭の日に行われる吉符入り
祇園祭の無事を祈願する行事です。

葵祭における流鏑馬神事の役割を果たしますが
なんと5日間にわたって行われます。

かなりの念の入れようですね。

同じく日におこわなれる二階囃子
町会所の二階で行われる囃子の練習のこと。

練習にも名前が付いているのがいいですね。

2日にはくじ取り式が行われます。

これは山鉾行列の順番を公平に決めるための行事ですが
なぜこのようなことをするのでしょうか.

昔の祇園祭では、山鉾行列の先陣争いがとても激しく
血が流れることもあったそうです。

よって、争いが起こることなく公平にその順番を決めるために
1500年から「くじ」による順番ぎめが行われるようになったのです。

起源が興味深いですね。

10日に行われるお迎え提灯では
諸団体による提灯行列が市内を練り歩きます。

祇園囃子や獅子舞などが参加するとても賑やかな行事です。

24日に行われる花傘巡行でも
祇園囃子・獅子舞・祇園太鼓・子供御輿など
京都市役所前から八坂神社までを巡行します。


以上、祇園祭について紹介しました。

歴史あるイベントを見物出来るというだけでもうれしいものですが
祇園祭ではとにかく見物客を楽しませる演出がなされています。

庶民のためのお祭ならではですね。

迫力のある山鉾には圧倒され
宵山では出店と山鉾を楽しむ。

とても楽しいお祭りです。




スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ