女の子の健やかな成長を願う「桃の節句」の由来

新しい年を迎え、そろそろ3月3日の雛祭に向けて準備をしている方も多いのではないでしょうか。

ここでは『桃の節句』の由来や『五節句』についてご紹介しつつ、現代まで続いている雛人形や節句料理にまつわる話などをしていきたいと思います。


Sponsored Links


桃の節句は『五節句』のうちの1つ

桃の節句は『上巳(じょうし・じょうみ)』とも呼ばれ、『五節句』の1つとして数えられます。五節句に当たる日には、日本の宮廷において『節会』と呼ばれる宴会が開かれていました。

年間にわたってさまざまな節句が存在していて、そのうちの5つを江戸幕府が公的な行事・祝日として定めました。

それぞれの日付と和名、その日に食べられる節句料理については以下のようになります。


◆・人日(じんじつ):1月7日、七草の節句、七草粥を食べる
◆・上巳(じょうし・じょうみ) :3月3日、桃の節句・雛祭、菱餅を食べたり白酒を飲んだりする
◆・端午(たんご): 5月5日、菖蒲の節句、関東では柏餅・関西では『ちまき』を食べ、菖蒲湯に入る 
◆・七夕(しちせき):7月7日、七夕(たなばた)、裁縫の上達を願い素麺を食べる
◆・重陽(ちょうよう):9月9日、菊の節句、菊を浮かべた酒を飲む


さて、話を桃の節句に戻しましょう。
この起源は平安時代より前であり、京の貴族階級の子女が、天皇の御所を模した御殿や飾り付けで遊んで健康と厄除を願った『上巳の節句』が始まりとされています。

やがて武家社会においても行われるようになり、江戸時代には庶民の人形遊びと節句が結び付けられ、行事となり発展していきました。

その後、紙製の小さな人形(形代)を作ってそれに穢(けが)れを移し、川や海に流して災厄をはらう祭礼になったといいます。ちなみに、この風習は現在においても『流し雛』として残っています。

現在では桃の節句は女の子のイベントになっていますが、もともとは5月5日の端午の節句と共に男女の別なく行われていました。しかし、江戸時代ごろから豪華な雛人形は女の子に属するものとされ、端午の節句は『菖蒲』と『尚武』をかけて男の子の節句とされるようになりました。


momo3


雛人形の並べ方は地方によって異なる

続いては、『節句料理』や『雛人形』についてご紹介していきたいと思います。
雛人形は平安装束を模していて、男雛と女雛のみの『親王飾り』や三人官女も含めた『3段飾り』などのバリエーションがあります。

一般的な並べ方は、右(向かって左)に男雛を、左(向かって右)に女雛を並べる方法です。かつての日本では、『左』が上位の席であったため、この並びとまったく逆でした。

しかし、明治の文明開化によって日本も西洋化し、その後に最初の即位式を挙げた大正天皇は西洋式に倣って右側に立ちました。このことから、現在の配置をされることが多くなりました。

ただし、地域によって配置が異なる場合があり、特に西日本では男雛を向かって右に置く家庭がよく見られます。

また、雛人形にまつわる言い伝えで、『1人ひと飾り』、『すぐに片付けないとお嫁に行くのが遅れる』というものが有名です。雛人形は姉妹で共有したり、親から受け継いだりするのは良くないとも言われていますが、現実的にはそれぞれの女の子に雛人形を用意するのは難しいです。

新たに女の子が誕生した場合は、雛人形を増やしていくといいという説もあるので、揃っていない人形や飾りを増やすと良いでしょう。また、3日を過ぎたらすぐに雛人形を片付けないとお嫁に行けないという説がありますが、地域によっては旧暦(4月上旬)に行うこともあり、まったく根拠がない言い伝えだと言えます。

しかし、いつまでも飾っていると、お客さんが来たときに『だらしない』という印象を持たれることもあるので気をつけましょう。逆に、雛人形を飾るのは『雨水(2月19日ごろ)』の日が良いとされていて、この日に飾ると良縁に恵まれると言われています。



桃の節句を彩る料理たちとその由来

続いては、桃の節句の料理について由来などをご紹介していきたいと思います。
雛祭の料理といえば、『白酒』、『菱餅』、『あられ』、『ちらし寿司』、『蛤のお吸い物』などが有名だと思います。それぞれの料理にどのような意味が込められているのか、見ていきましょう。

【白酒】
昔から雛祭には欠かせないものであり、もともとは桃が『百歳(ももとせ)』に通じることから、桃の花を酒に浸した『桃花酒』を飲む風習があり、その後白酒が好まれるようになっていきました。これは『甘酒』とは異なるものであり、立派なアルコールなので子供は飲めません。

【菱餅】
赤(桃)・白・緑が重なっている、ひし形をした餅です。以前は2色でしたが、最近では3色となっていて、赤は『桃の花』、白は『雪』、緑は『新緑』を表しています。

【あられ】
ひなあられは野外で雛遊びを楽しむために持っていく携帯食料が由来となった説や、菱餅を外で食べるために砕いて作ったなどという説があります。関東と関西では、形や味が異なっています。

【ちらし寿司】
蓮根や海老が縁起物とされているため、桃の節句に限らずお祝い事にはよく食べられます。

【蛤のお吸い物】
蛤は女の子の美徳と貞節を意味するものであると言われます。また、蛤の貝を使った『貝合わせ』を楽しむ家庭もあります。


kai


お正月が終わると、次は雛祭の準備という方も多いのではないでしょうか。家族や友人と、素敵な雛祭を過ごしてみてくださいね!


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ