正月の祝い酒 お屠蘇の作り方と飲み方

正月の定番品「お屠蘇」は
「蘇」という悪鬼を屠(ほふ)る力がある
魂を蘇生させる
などの言い伝えを持つ祝い酒です。

数種類の薬草を組み合わせた屠蘇散を
赤酒や日本酒、みりんなどに浸して作るもので
年の初めに飲むことで家族全員一年健康でいられると言われています。

朱塗りの器に注がれる独特の風味を持つ酒は
何よりも正月の到来を感じられるでしょう。

今回は、お屠蘇の由来といただくときの作法などをご紹介します。

Sponsored Links


お屠蘇の作り方

屠蘇を作るうえで欠かせない屠蘇散は
三国時代の名医・華佗の処方によるものとされています。

現在主に使われている薬草は、山椒、細辛、防風、肉桂などで
服用すると胃が強くなり、初期の風邪にも効果があるといわれています。

この屠蘇散を日本酒に浸けるのが一般的なお屠蘇の作り方ですが
日本酒の量を減らしみりんをブレンドすると
甘さと口当たりを調節することができます。

お酒が苦手な人でも飲みやすくなるので、特に女性にはおすすめです。

屠蘇散の成分が抽出されるまでには通常7~8時間かかるので
大晦日の夜から準備するのがよいでしょう。
ただし、浸けこみすぎると濁ったり沈殿物が出てしまうので、注意が必要です。

お屠蘇を注ぐときは、屠蘇器と呼ばれる専用の器を使います。

屠蘇散と日本酒
みりんを入れる銚子
小中大三つの大きさの盃
重ねた盃を乗せる盃台
そしてこれら全てを乗せる盆で一式となり
その素材は朱塗りの漆器、陶磁器、ガラス製など、様々なものがあります。


iwaizaketoso1



正月にお屠蘇を飲む習慣と意味

正月にお屠蘇を飲む習慣は、中国では唐の時代から確認できます。
けれど、現在は中国にお屠蘇の習慣はありません。

日本には平安時代に伝わり、紀貫之の「土佐日記」などにその記述を見ることができます。
宮中では「元日御薬」という名の儀式が行われ
一献目に屠蘇
二献目に白散
三献目に度嶂散と
それぞれ違う薬酒を一献ずつ飲むという決まりがありました。

この風習は、室町幕府は白散のみ
江戸時代は屠蘇のみを用いるというように変化していきました。

庶民の間には江戸時代の頃に伝わり
医者が薬代の返礼として屠蘇散を配り歩いたのが始まりと言われています。

一般的には屠蘇散を紅色の三角の布袋に入れ、除夜から井戸の中にそれを吊るし
元日にお神酒に浸けることで作っていました。

家族が雑煮を食べる前に年少のものから年長のものの順に飲んでいくのがしきたりで
その際に「一人これを呑めば一家病なく、一家これを呑めば一里病なし」
と唱えることになっていました。

また、屠蘇散の残りかすは松の内を過ぎると井戸の中に捨てていたといいます。

これらのしきたりは現在でも残っており
今では薬局で年末の景品などで屠蘇散が配られることもあるそうです。


iwaizaketoso



お屠蘇のマナー 順番と飲み方

正月の祝い膳は、実はいただく順番がきっちりと決められています。

お屠蘇から始まり
黒豆、数の子などの祝い肴
その他おせち料理、雑煮の順です。

そして、江戸時代にもそうでしたが
飲む順番も年少者から年長者の順と決まっています。

これは、若いものから年長者へ生気を渡すという意味や
毒見の名残であるといわれています。

また、厄年の人は他の人の厄を祓う力をいただくため
一番最後に飲むというしきたりがあります。

順番だけでなく、飲み方にもマナーがあります。

まずは最年長者が最年少者の盃にお屠蘇を注ぎ
次に最年少者が二番目に若い者に注ぎ
というふうに回していきます。

盃が大中小三つ揃っている場合は、小さいほうから順に三回飲みますが
一つのときは同じ盃に三回に分けて注ぎ三回に分けて飲みます。

ただし、祝いものとはいえ酒であることに変わりはないので
未成年者や車の運転がある人は飲むふりだけでも問題ありません。

正しいマナーを心がけることで、素敵な年明けを迎えましょう。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ