小正月 小豆粥とまゆ玉の由来

小正月には小豆粥を食べる家庭も少なくありませんが
そもそも小正月とは何でしょう。

そしてなぜ小豆粥を食べるのか
また、小正月の飾りのまゆ玉についても調べてみましょう。

Sponsored Links


小正月とは何ですか?

元日を「大正月」というのに対し、1月15日を「小正月」と言います。
以前の暦は太陰歴、つまり月の満ち欠けで暦を決めていました。

1年の初めての満月の日を「小正月」としたのが始まりです。
現在でも満月の事を「十五夜」といいますが
「十五夜」とは旧暦15日の夜の意味です。

太陰歴では毎月15日が満月になるように暦が決められていたのです。

現在でも韓国や中国など、行事に関する暦は旧暦を使用している国では
旧暦の1月15日の事を「お正月の大満月の日」といって
特別な料理を食べたりします。

そのように、「大正月」と「小正月」とあらわしていたものが
いつのまにか「大正月」が「お正月」として定着すると
小正月は豊作を占ったり等の別の行事をする日になるようになりました。

小正月は「大正月」からたくさんの行事とたくさんの接待などで
疲れたお嫁さんが里帰りする日となり、女の人のお正月の意味で
「女正月」ともいわれるようになりました。


小正月にはなぜ小豆粥を食べますか?

小正月に小豆粥を食べると、悪い鬼を追い払い、厄病が入ってこないと言います。
元々は中国の豆のかゆで家の入口を祀ったことから来ています。

小豆の赤には神秘的な力があると考え、同じ豆でも小豆を使ったお粥が
より鬼を追い払う力が強いと考えられました。

また、旧暦の小正月は満月でもありますので
「望月(もちづき、満月と同じ意味)」ともいい
お餅もおかゆに入れるようになりました。

その二つから小豆とお餅が入ったおかゆを食べるようになったようです。

また、お正月にたくさん作ったお餅がそろそろ固く乾いてしまっている頃なので
小豆やおかゆといった他の味と一緒に煮込んでしまうことで
おいしく食べてお餅を片づけてしまう意味合いもあります。

小正月にはお嫁さんやお母さんが実家に帰っていることもありますので
大量に煮込んで作ってしまうことで
お嫁さんたちが家事をしなくていいようにしたとも言われています。
kosyougatsu1



小正月に飾る「まゆ玉飾り」とは何ですか?

「まゆ玉飾り」は、新潟や群馬など、色々な地方に伝わる小正月の縁起物です。
五穀豊穣や商売繁盛の意味が込められています。

新潟地方に伝わっている「まゆ玉飾り」の由来は江戸時代にさかのぼります。

獅子舞の一行が信州を巡業しているとき
ある豪農の家で、色紙で作った小判や俵、蚕の繭などを
柳の枝に吊って座敷に飾り、五穀豊穣を祈っているのを見ました。

元々新潟の人々だったこの獅子舞の一行は、巡業を終えて新潟に戻った時
信州で見た飾りをまねて、もち米で焼いて作った繭型のものを
柳の枝につけて飾ってみました。

これが始まりと言われています。

それを見た近隣の人々も、商売繁盛や五穀豊穣の縁起物として
もち米で作った繭を柳の枝にさして、小正月に飾るようになったと言われています。

これらに似たものは、京都でも花街で「餅花」と呼ばれて飾られます。
これは主に商売繁盛の意味合いで飾られていますが

紅白のお餅の花がかわいらしいので、最近ではお商売をしている処だけではなく
一般の家庭でもお正月の飾りとして飾られるようになりました。

食紅で色を付けたお餅と、白いお餅を
2cm×1cmくらいのだ円形とも長方形ともとれるような形にし
柳の枝に配色よくくっつけていきます。

花街では、お餅を使った本来の「餅花」が飾られていますが
商店街やデパートなどでは、プラスティックや和紙でつくられたお餅の花が飾られています。


kosyougatsu
餅花


まゆ玉飾りの桃色と白のコントラストが、おめでたい雰囲気を醸し出します。
最近では特に小正月だけというよりは、お正月の飾りの一つとして
玄関に飾ったり、門松に差して飾ったりされています。

今年あたりは、ちょっと飾って見るのも素敵ですね。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ