入谷朝顔まつり(朝顔市)持ち帰り?値段は?種類は?

あさがお市のニュースを聞くたびに
行ってみたいなあと興味が出てきます。

行って何をするのだろう?
混雑具合は?
持ち帰りはどうする?
ほかの楽しみは?

あさがおと言えば東京・入谷のあさがお祭りですよね。
調べてみました!

Sponsored Links

どんなお祭り?

朝顔祭りとは、入谷鬼子母神を中心に、通り沿いに120軒の朝顔販売業者
100軒の縁日が並び、毎年40万人もの人々が訪れるものです。

下町の夏の風物詩として、とてもよく知られています。

入谷朝顔まつり(朝顔市)の日程と場所


  ○・毎年 7月6,7,8日に開催されます。
  ○・場所 入谷鬼子母神を中心に言問通り
  ○・アクセス JR鶯谷駅から徒歩3分
         東京メトロ日比谷線入谷駅から徒歩1分

  この期間には「朝顔まつり音頭大会」が開催されます。
  ○・7/6,7,8日の夜7時~9時まで
  ○・場所は入谷南公園です。



iriyaasagao


毎年開催日が決まっているのは覚えやすいですね!

期間中は、このお祭りの主な道路となる「言問通り」に
朝の5時から朝顔の露店が開きはじめます

この朝顔は、7割が江戸川区産のもので
入谷観光連盟と入谷朝顔連盟実行委員会公認のタグがつけられています。

それらをはっぴ姿の店員さんたちが、元気な掛け声とともに
威勢よく販売していくのです。

早朝から少し時間がたつと交通規制が始まり、あたりは歩行者天国になります。
そのころから車道側でも縁日が始まり、あたりは活気づいて
いよいよ祭りの雰囲気が高まります。

朝顔を求める人、飲食を楽しむ人、おしゃべりの人・・・
で街はとても混雑します。


朝顔の種類と値段

入谷朝顔まつりで、販売される朝顔
さすがに公認というだけあって
美しさや江戸の風情を感じられるものです。

花びらの中央から白いすじが入っている「曜白
まさに桔梗をほうふつとさせる「桔梗
朝顔のプリンスとも言われる、海老茶色の「団十郎

どれも、栽培した人のこだわりや愛情が感じられますよ。
人気があるのは、4色が一鉢に入ったものです。

また、どうしても花がきれいに開いているものに目が行きますが
これから咲く楽しみもあるので、つぼみの数もチェックしてくださいね。

朝顔の値段は一律料金です。
小さいものが800円、
あんどん作りのものが2000円からです。
(つるが5本の支柱に巻きつけられたもの)

自分で持ち帰ることもできますが、宅配業者の方々が
きちんとスタンバイしているので発送手続きもとても簡単ですよ。


iriyaasagaomatsuri


おすすめの時間帯

大混雑必至の朝顔まつり。
この季節は暑さも本番ですよね。

こういうときのお出かけは
一般的には夕方からがおすすめです。

しかし、この祭りの主役は朝顔
夕方は花が閉じてしまい
どうしてもうなだれているように見えて楽しみも半減です。

元気な朝顔をみたいなら、ここは早朝にがんばっていきましょう。
朝露と朝顔もまた美しいものです。

いずれにしても、暑さ対策、熱中症予防も忘れないでくださいね!








入谷の鬼子母神

さて、朝顔まつりの中心存在とも言われる、入谷の鬼子母神。

「おそれいりやのきしもじん・・」という節は
聞いたことある人が多いでしょう。

神と言いますが、真源寺。お寺です。
祭りの期間にお参りすると、朝顔の造花があしらわれた
子育てのお守りが買えるそうです。

また、朝顔飾りの髪飾りなど、この日ならではのものも売っているので
ぜひ見てくださいね。

鬼子母神とは、インド仏教でいうところの女神です。
子供をさらっては食う悪神でしたが
見かねた釈尊がいましめに鬼子母神の子供を隠したところ
鬼子母神は狂ったように探し続け、ようやく子を奪われた悲しみに気づきます。

そこから善神へ転身し、子育てや安産の神様となりました。

鬼子母神の「鬼」の字は、角のない鬼を使っています。
節分でも鬼はそととは言わず「悪魔は外」と言うそうです。

下町の人々が愛情込めてつくった朝顔と、子育ての神様がいる鬼子母神。
混雑はわかっていても、訪れたらきっと優しい気持ちになれそうですね!
ぜひ今年は行ってみましょう!





スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ