七夕飾り 意味と由来を知って楽しく作る!

もうすぐ七夕ですね!
節目の日でありながら
なんとなくそのまま過ごしてしまうこと多くありませんか?

今回は、七夕飾りについてです。
ひとつひとつの飾りに、祈りの意味がある・・・。
素敵ですよね!
今年は七夕飾りの意味と由来を知って
みんなで楽しく作ってみませんか?

作り方もご紹介します。


Sponsored Links

七夕の由来

七夕は、しちせきとも読み、日本の古くから伝わる行事です。
また、一年の節目節目に当たる五節句
(人日1月7日、上巳3月3日、端午5月5日、七夕、重陽9月9日)
のひとつでもあります。
つまり、季節がかわるという重要な意味を持った日でもあるのです。

七夕の起源、由来は諸説あります。

 □・日本の神事である棚機(たなばた)
 □・おりひめとひこぼし伝説
 □・中国から伝わった乞巧奠(きっこうでん)という行事

これらが混在したものではないかとされています。
それではひとつずつ見ていきましょう。


棚機(たなばた)

棚機とは、禊ぎ(みそぎ)の行事で、乙女が着物を織って
棚にお供えをし、神様を迎える準備をします。

これは秋の豊作を祈ったり、身のけがれを祓ったりするものです。

この時、乙女たちは、清い場所とされる水辺
たいていは川にある機織り小屋にこもって、着物を織ります。
この機械を「棚機」といいます。

この禊ぎの行事はお盆を迎える準備も兼ね
いつしか7月7日の夜に行われるようになりました。
そこから7月7日を「たなばた」と呼ぶようになりました。


orihime



おりひめとひこぼしの伝説

ベガ(織女星)とアルタイル(牽牛星)の伝説は、あまりにも有名ですね。
この2つの星は、旧暦の7月7日に、間に天の川をはさんで
一年のうちで最も美しく輝くと言われています。

ここから、めぐりあいの日ということで七夕の伝説が生まれました。
今では、恋人たちの日となり
この日にプロポーズをするカップルも多いようですね。



hikoboshi



乞巧奠

耳慣れないこの言葉は、「きっこうでん」と読みます。
中国より、おりひめひこぼしの伝説と一緒に伝来したもので
奈良時代に初めて日本で行われました。

「乞巧」は、巧みを乞う、「奠」は祀るという意味があります。
技巧や芸事の上達を願う儀式として
初めは宮中で行っていたそうです。

長い年月を経てやがて一般の民衆にも広がり
糸や針の仕事をする女性たちが
おりひめが輝く七夕の夜にお供え物をして
機織りや裁縫がうまくなるように祈る祭りとなりました。


七夕飾り

さて七夕と言えば、笹の葉と飾りものですね。
飾りものには、文字通りの飾り短冊とがあり
それぞれに意味を持っています

短冊

「ごしきの短冊~」と歌にあるように、短冊は五色から始まりました。
五色とは、中国の陰陽道にちなんだもので、自然を表す色です。

 ・・緑の木行
 ・・炎の火行
 ・・大地の土行
 ・・土に埋まっている鉱物の金行
 ・・命をはぐくむ水の水行 

その後、最上の色と言われる紫が
黒の代わりに使われるようになりました。 
短冊の色紙選びも、ぐっと楽しくなりますね!

願いがかない、字が上手になるようにとの意味があるので
ていねいに願い事を書きましょう!

飾り

それぞれの飾りには以下のような意味があります。

 紙衣・・女子の裁縫の腕が上がるように
 巾着・・お金がたまりますように
 投網・・豊漁
 屑籠・・整理整頓
 吹き流し・・おりひめのように機織りが上手になりますように
 千羽鶴・・家族が長生きしますように

ひとつひとつの飾りにこめられた意味を知ると
一層、七夕飾りを眺めるのが楽しくなりますね!

tanabatakazari
鳴海屋紙商事
http://www.tanabatank.co.jp/nanatu002.php


笹の葉の由来

飾りを笹につけるのはなぜなのでしょうか。
には、昔から邪気を祓う役目があるとされていました。

また水田の稲の成長を妨げる害虫を避けるのに用いたことから
七夕に発展したとも言われています。

また、笹の葉は、船の形に似ていますね。
願いを星まで運んでくれるのではないか
そんな希望を人々に与えたのでしょう。
そこで笹を使うようになったそうです。


簡単! 折り紙で七夕飾りをつくる

それでは今年は、一つ一つ祈りを込めて、飾りを作りましょう。
折り紙は思ったより簡単ですよね!

家族みんなでそれぞれの願いを聞きながら
作ってもいいですね。

飾りを作り終わるころには、家族に感謝し
季節の移り変わりを感じ、いい節目になると思いますよ!

参考 @Drop-Mzone 七夕飾りの作り方
http://drop-m.com/review-2012/06-14-tanabatakazari.html

網飾り



貝飾り


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ