ハロウィン 仮装で楽しむ魔女と黒猫

10月の行事で皆が参加して楽しめる「ハロウィン」
仮装してお菓子を作って・・・だけど意外とハロウィンに関しては
いろいろと知らないことのほうが多かったりしますよね。

例えば、仮装する上でルールは?
魔女や黒猫ってどういう関係?
等々。

そこで気になる情報をいくつか紹介していきます。

Sponsored Links

ハロウィンで仮装される代表的なもの

ハロウィンで仮装するものでぱっと思いつくものは
魔女やドラキュラ、フランケンシュタインなど架空の怪物がいます。

そのほかにも狼男、ゾンビ、幽霊、ドラキュラ、コウモリ等々たくさんあります。
しかし、そういう限定したキャラクターじゃないといけないのかというと
そういうわけではなく仮装は基本的に何でも良いようです。

もちろん、常識の範囲内で他人に迷惑をかけたりしないものが好ましいです。
過去には、人種差別のニュアンスを含む仮装を見かけることがあったようです。
(インディアン、白人による黒人の仮装など)。

もちろん、現在は行われていませんがそういった歴史があったのです。
仮装の際は基本的になんでもありで大いに楽しんでよいのですが
だれかに不快感を与えたりするようなものはNGですね。

これに関してはハロウィンの仮装じゃなくとも言えることではありますが。


awitchandacat



ハロウィンで仮装する理由は?

ハロウィンで仮装する理由には宗教・信仰的な理由が有ります。
もともと古代民族のケルト人が10月31日に魔除けのためにお祭りをしたのが
ハロウィンの発祥です。

そのお祭りでは、魔除けや五穀豊穣を祈願して行われたもので
その際に仮面をつけて焚き火の回りを踊ったそうです。

仮面には、魔女や悪霊を驚かせて撃退するという意味があり
それが現代に伝わるまでに仮装になりました。

そして現在の、魔女やドラキュラ、フランケンシュタイン等
架空の怪物の仮装につながったのです。

そして、その当時の焚き火を現在は「ジャック・オー・ランタン」という
誰しもが目にした事のある、あのカボチャがその意味を担っています。

またハロウィンが行われる10月31日は日本で言う「お盆」のようなもので
死者が現世を訪れる日でもあったのです。

そこで、現世の人間は「魂のケーキ」と呼ばれるものを家庭で用意し
それを求めながら村々を歩いて回ったそうです。

その物乞いをする際に、亡くなってしまった親族の魂が
無事に天国までたどり着けますようにと、願います。

この習慣が、現在の
「トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)」
という形になって伝えられているのですね。

お菓子をもらって回る行為の背景には死者を尊ぶ気持ちがあったのです。


halloweenn2



黒猫と魔女とハロウィン

前述した内容ならば、
仮装の対象が魔女やドラキュラなどになるのは納得がいきます。
しかし、ハロウィンの際にかならずグッズなどで目にする「黒猫」

黒猫とハロウィンにはどういった関係性があるのでしょうか

黒猫のほかにもコウモリ、狼、クモなどもあります。
それらは魔女のペットであり使いといわれています。

魔女関連でくっついてきただけ?
と思ってしまいましたが、昔の農家にとってこれらの動物たちは
畑の農作物をネズミ等の害虫から守っていたという歴史があります。

不吉な印象がどうしてもまとわりつく彼らですが
はるか昔は人間と共存して生きていたのですね。

確かに現在も「クモを殺すと天国にあがれない」
なんて迷信を聞くことがあります。
先人達の共存してきた歴史から生まれたのかもしれません。

調べていくと、実は宗教だったり信仰が深く関係していたイベント
「ハロウィン」。

その意味を深く知り、その気持ちを持って取り組んでいる人が
どれほどいるのかはわかりませんが
現代では老若男女が楽しめるイベントのひとつに変わりはないのだな
ということがわかります。

皆さんもこういった歴史を踏まえたうえで楽しむと
「ハロウィン」の違った一面が見れるかもしれませんね。

黒猫ハロウィン仮装&メイクの動画です。


スポンサードリンク





関連記事

    None Found

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ