手作りクリスマスリース 材料と作り方

そろそろクリスマス・シーズンが近づいてきました。

クリスマスの飾りつけと言えば、クリスマスツリーの他に
クリスマスリースがあります。

もちろん、クリスマスリース自体、商品としてお店で売っていますが
簡単に作れますので、今年のクリスマスには
クリスマスリースを自作してみるというのは、いかがでしょうか。

手作りリースの材料や作り方と参考例を、見ていきましょう。

Sponsored Links


定番のクリスマスリースを作るための材料と用意するべきもの

材料としては、まず、アケビのつるです。
直径30cmのリースを作るためには3mほどの長さが必要となります。

1本の長いつるが手に入らなくかった場合は、何本かを結び合わせます。
アケビがなければ、葛やフジ、キーウィーなどでもかまいません。

他に必要なものとしては、グリーンとしてのコニファーです。
コニファーは、針葉樹の総称です。

日本に育成しているコニファーとしては
マツ科、ヒノキ科、イチイ科があります。
スギ、モミノキ、ブルーアイスなどがオススメです。

オーナメントとして、松ぼっくりを用意します。

上記の材料の他に用意しておくべきものとしては
麻ひもと園芸用のはさみと瞬間接着剤と銀色のラッカースプレーです。

市販のクリスマスリースの雰囲気に近づけたいのでしたら
お好みでリボンや鈴を用意しておきましょう。


定番のクリスマスリースの作り方

1、アケビのつるから葉を取ります。
  汚れている場合は作る前に水洗いしましょう。

2、つる同士を交互に重ね、すき間をくぐらせるように編んで
  リースの土台を作っていきます。

  作りたいサイズの外径、厚みになったら、巻くのを止めます。
  巻き終わったら輪が外れないように麻ひもなどで結んでおきます。

3、グリーンとしてのコニファーや松ぼっくりを土台の上に仮置きして
  レイアウトを決めます。

4、園芸用のはさみを使って、葉色のきれいな部分を選んでコニファーをカットし
  麻ひもで土台に結び付けていきます。

  正面から見た時になるべく麻ひもが見えないよう
  コニファーの葉で隠しましょう。

  大きな枝だけでなく、葉の部分も差し込んで接着剤でとめて全体の形を整えます。

5、松ぼっくりに接着剤をたっぷり付けて土台に固定します。
  松ぼっくりは、スプレーペイントを使って銀色に塗っておきます。

6 最後に全体のバランスを見て、形を整えれば出来上がりです。
  お好みでリボンや鈴を飾りましょう。

手作りクリスマスリースを動画でご覧ください。






クリスマスリース参考作品のご紹介

ネットで見つけた素敵なリースをご紹介します。

《赤いりんごの定番リース》
出典元 My life styleさま
http://ameblo.jp/sweethoneymilk/image-10741653257-10927200354.html

つるや植物を使った定番のリースです。
今回の記事で紹介した作り方では、麻ひもを使用していますが
この方はワイヤーを使用しています。
赤いりんごのオーナメントを使うと
クリスマスリースという感じがしますね。

wreath



《材料はすべて100円ショップで調達したリース》
出典元 節約ブログ*ゆらり、家しごと。さま

つるの土台は100円ショップで入手されたものを使用しているとのことです。
りんごのオーナメント、木の実を数種類混ぜ合わせたオーナメントも
全て100円ショップで入手できたそうです。
100円ショップあなどりがたきですね。

wreath1



《髪バンドだけのリース》
出典元 マイベストペース♪(ひっそりコツコツ備忘録)さま

こちらは何と紙バンドだけでクリスマスリースをつくっています。
緑色テープをヒイラギの葉、赤色テープをヒイラギの実に見立てています。
シンプルですが、センスのいい素敵なデザインです。

wreath2


スポンサードリンク





関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ